MENU

退職代行ガーディアンの評判は? 料金体制や失敗したケースがあるのかについて解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

退職代行ガーディアンは、確実・即日・365日退職できる退職代行サービスです。

東京労働経済組合によって運営されていて、弁護士運営の退職代行、一般企業の退職代行の中間のような存在です。

退職代行サービスでは「失敗」「連絡が来ない」といった悪い評判がありますが、退職代行ガーディアンでは過去1度も失敗したケースはないと公表されています。

この記事では、そんな退職代行ガーディアンについて特徴や良い評判、悪い評判を紹介しています。

即日退職が可能!

目次

退職代行ガーディアンの基本情報・特徴

運営東京労働経済組合
料金一律29,800円
24時間対応
連絡方法LINE・電話
対応エリア全国
支払い方法クレジットカード/ 銀行振り込み
公式サイトhttps://taisyokudaiko.jp/

退職代行ガーディアンは、24時間365日対応の即日辞められる退職代行サービスで、労働組合法に基づき労働委員会に認証されている東京労働経済組合が運営しています。

弁護士監修ではないものの、労働組合として会社と交渉する権限を持っているので、一般企業の退職代行よりも踏み入った退職手続きを代行できます。

公式ホームページでは代行に失敗したことは過去一度もないと公表しており、交渉ができる退職代行としては安い料金で依頼することが可能です。

「即日どころか1時間で退職手続きできた」というレビューもあれば、「担当者が冷たかった」などの悪い評判もあるので下記ではメリット・デメリットを紹介していきます。

労働委員会認証で安心できる

退職代行ガーディアンの良い評判・メリット

退職代行ガーディアンの良い評判・メリットを以下で紹介します。

民間業者では対応できない退職条件の交渉が可能

by : 東京労働経済組合

退職代行ガーディアンは、民間業者ではなく労働組合が運営しているため、有給消化や未払いの残業代など会社へ退職時の交渉も依頼可能です。

以下の通り依頼先ごとで対応可能な範囲になり、費用相場も変わってきますが、退職代行サービスの中でも比較的安い部類に入ります。

スクロールできます
民間業者労働組合
(退職代行ガーディアン)
弁護士事務所
退職の連絡
退職手続き
会社への条件交渉×
裁判対応××
費用相場約10,000~30,000円一律29,800円約50,000~

即日退職ができるので出社する必要がない

退職代行ガーディアンは即日退職ができるので、無理をして会社に出社して上司と顔を合わせたり交渉をする気苦労をする必要がありません。

レビューや口コミでも「とにかく早かった」という投稿が多く、24時間365日対応しているので、思い立った時すぐに相談することができます。

一律料金で追加費用がかからない

退職代行ガーディアンTOP
退職代行ガーディアン公式サイトより

依頼料金は一律29,800円で、別途追加費用がかかりません。

悪質な退職代行では会社と連絡した回数や内容によるオプション料金といって10万円に登る請求をしてくるケースもあるので、一律という点が安心です。

一方で、一般企業では27,000円の退職代行もあるのでそれと比べるとほんの少しだけ費用がかかります。

しかし一般企業の退職代行とは違い退職金や残業代未払いについて交渉する権限があり、退職まで無制限に会社と連絡を取ってくれるので、むしろ格安と考えられます。

追加費用ゼロ!

退職代行ガーディアンの悪い評判・デメリット

退職代行ガーディアンの悪い評判・デメリットを以下で紹介します。

転職サポートなどのアフターフォローはない

退職代行jobsなどでは、提携している転職サイトに紹介のうえ、勤続3か月でお祝い金などアフターフォローがある退職サービスもあります。

退職代行ガーディアンでは退職手続き完了後のアフターフォローはないので、自身でハローワークや求人サイト、転職エージェントを利用して転職活動をする必要があります。

退職できなかった際の返金保証がない

他の退職代行サービスでは「退職できなかった場合は全額返金」とうたっている物も多いですが、退職代行ガーディアンでは返金保証がありません。

しかし退職代行ガーディアンは過去退職代行依頼を失敗したことがないので、返金保証も必要ないと考えられます。

上司や人事との人間関係に問題がありトラブルが起きそうなど、どうしても不安な場合は高額になっても弁護士が運営する退職代行の利用がおすすめです。

会社から訴訟された場合は弁護士へ依頼する必要がある

これは一般企業の退職代行サービスでも同様ですが、退職代行ガーディアンでは訴訟対応の法的権限を持っていません。

非弁行為となってしまうため、会社から訴訟された場合には弁護士へ依頼する必要があります。

退職代行サービスは以下のような位置づけがされています。

スクロールできます
退職代行サービス対応内容
一般企業の退職代行サービス会社には意思の伝達のみ可能
労働組合の退職代行会社に交渉・説得することが可能
弁護士事務所の退職代行法的権限をもって交渉、訴訟対応まで可能

会社が元社員を訴える手間と費用を考えれば訴える可能性は限りなく低いです。

職場の上司や関係者との人間関係に問題があり恨まれている可能性があるなど不安があるなら、訴訟にも対応できる弁護士運営の退職代行がおすすめです。

高い対応力が即強み!

退職代行ガーディアンの使い方

退職代行ガーディアンの利用方法について下記でSTEP形式で紹介しています。

利用する前のイメージとして参考にしてください。

退職代行ガーディアンの利用手順
  1. 公式サイトにアクセス、相談する
  2. 依頼料を支払う
  3. 担当者によるヒアリング・書類の用意
STEP
公式サイトにアクセス、相談する

退職代行ガーディアンの公式サイトにアクセスします。

退職代行ガーディアンTOP

ページ右端にのボタンをクリックして、公式LINEまたは電話から無料相談を行います。

会社に請求、発行を依頼したい必要書類など事前に細かく確認しておきましょう。

希望を伝えて、退職代行ガーディアンの担当者からサービスの説明を受けます。

STEP
依頼料を支払う

担当者からサービスの説明を受けて希望との擦り合わせに問題がなければ、依頼料を支払います。

退職代行ガーディアンTOP

クレジットカードまたは銀行振込に対応しているので、担当者からの指示に従って支払いを完了します。

即日の退職代行を希望する場合はクレジットカードまたはネットバンキングからの振込で振込完了のスクリーンショットがあるとスムーズなのでおすすめです。

STEP
担当者によるヒアリング・書類の用意

支払いの確認が完了し次第、正式に退職の代行手続きを行うためのヒアリングを行います。

担当者からの質問に答える形で会社情報や希望する有給消化、退職金など細かい条件についての希望を伝えます。

STEP
退職届の作成、送付

退職届は自作する必要があるので、ネットでテンプレートを探したり手書きでフォーマットを作成して退職届を作成しましょう。

退職の意思が伝わればいいので、縦書き横書きの決まりはなく、手書きでもPCで書いて印刷でも構いません。

退職届の送付先は会社ですが、Googleマップなどに掲載されている住所では退職届を受領する部署には届かない可能性もあります。

そのため、スムーズな退職のために退職代行経由で送付先住所を確認しましょう。

STEP
退職完了

ヒアリングが完了した時点で会社に連絡して退職手続きを進めてくれるので、退職届が会社に届き受理されれば、退職の手続きは完了です。

社会保険証など会社からの貸与品がある場合は返還が必要となります。

10日を超えても離職票が送られてこない場合
住所が間違っていたり、手続き自体が滞っている可能性が考えられますので、一度退職代行ガーディアンに相談しましょう。

無料で相談できる!

退職代行ガーディアンに関するよくある質問

退職代行ガーディアンに関するよくある質問を紹介します。

退職後に必要な書類はなんですか?

主に以下のような書類の準備が必要になります。

用意が必要な書類
  • 「退職証明書」・・・転職に必要
  • 「離職票」・・・国民健康保険証作成等に必要
  • 「年金手帳」・・・会社に預けている場合必要
  • 「雇用保険受給資格者証」・・・失業保険を受ける場合

離職票は10日ほどで送付がされます。

源泉徴収票は法律で1か月以内に従業員に送付することが定められていますが、早めに必要な場合は退職代行にその旨を会社に伝えて欲しいと依頼しましょう。

退職後の転職活動や失業手当申請まで想定して必要な書類を考えておきましょう。

『退職代行ガーディアン』は弁護士が対応してくれますか?

『退職代行ガーディアン』は弁護士が対応してくれる退職サービスではありません。

スクロールできます
交渉可能対応不可
・残業未払いの請求
・有休消化に関する交渉
・退職金交渉
・損害賠償請求の対応
(法的権限を持つ弁護士が必要)

退職金など繊細な交渉をしたい場合は、依頼料が上がりますが弁護士が運営、退職代行を行うサービスを利用するのがおすすめです。

辞表を返されて引き止められていても退職できますか?

可能です。

そういった場合こそ利用したいのが退職代行で、第三者の介入によって引きとめが難しくなり退職しやすくなります。

退職の意向を伝える代行業者と会社間では、情に訴えかける引き止めが通じないためです。

親にバレずに退職できますか?

一般企業であれば基本的に退職で親に連絡することはないのでバレる心配はありません。

また、希望すれば退職代行業者からも本人・親族に直接連絡しないようにと忠告が入ります。

ただし、強制力はないので会社によっては本人と直接が取りたいからという理由で親族に連絡行くケースもゼロではありません。

あまり考えられないケースですが、どうしても不安なのであれば代行業者に相談してください。

急に退職代行で辞めたら会社に訴えられませんか?

退職で訴えられることは基本的にありません。

退職も法律で認められている労働者の権利であり、「訴える」と脅しをかけてくることはあっても費用と時間、訴訟の労力を考えれば訴えるとは考えにくいです。

ただし、退職者に向けての私怨が強ければ赤字でも敗けても訴えを起こしたケースもあります。

会社側に損害を与えた場合はその限りではないので、思い当たる事がある場合は弁護士に相談しましょう。

退職代行を使ったら転職が不利になりますか?

退職代行を使っても転職が不利になることはありません。

転職先の人事に伝わるケースがあるとは考えにくく、信用情報に書き込まれるような事でもありません。

逆に、退職にかける労力を転職に使う事ができるメリットがあります。

退職代行から連絡が来ない場合はどうすれば良いですか?

退職代行サービスによっては、退職手続き完了してからの報告になるケースもあるようです。

途中経過の連絡が欲しい場合は、自分から進捗の確認をしてみましょう。

またそのような心配をなくすために、信頼性のあるサービスを選択するのがおすすめです。

無料で相談できる!

退職代行ガーディアンの評判まとめ

退職代行ガーディアンの評判について紹介しました。

  • 退職代行ガーディアンでは一般企業の退職代行にはできない一歩踏み込んだ交渉ができる
  • これまでの退職代行成功率は100%を誇る
  • 有給消化や退職金など交渉して欲しい事がある方におすすめ
  • 法的権限は持たないので弁護士レベルでの対応は難しい

一般企業の退職代行とは違った交渉する権限を持っているのが特徴なので、会社に伝えて欲しい事が多い場合におすすめしたい転職サービスです。

法律では会社は社員から渡された退職届を拒否できないので、個人が会社に退職届を渡して辞職できることが理想ですが、引き止めや辞表を突き返してくるケースも存在します。

そんな悩みをスムーズに解決してくれる即日対応可能な退職代行サービスのなかでも『退職代行ガーディアン』は交渉までしてくれるので、退職に悩んでいる方はぜひ利用してみてください。

即日退職が可能!

この記事をみんなにシェア
  • URLをコピーしました!
目次