MENU

社会不適合者とは? 「どうやって生きていけばいいのか」と悩んでいる方に向けておすすめの仕事も紹介!

社会不適合者とは?
  • URLをコピーしました!

この記事では、社会不適合者とはどんな人かについて、定義と特徴、またどんな生き方が向いているのかを解説しています。

他にも「ニートの末路や脱出方法」や「志望動機なんてねーよ」と悩んでいる方に向けて解説している記事もあるので、気になった方は参考にしてみてください。

目次

社会不適合者とはどういう意味か

そもそも社会不適合者とは何でしょうか?

社会不適合者の定義は「社会の要求に応えて生活することが困難な者。社会に適合できない人。うまくやっていけない人。」で、名前の通り社会に適合できない人を指しますが、具体的にどんな特徴の人が当てはまってしまうのか、次の項目から紹介しています。

この記事で社会不適合者について知ることであなた自身の理解が深まれば、目指すべき生き方が見つかりストレスを減らせるかもしれません。

社会不適合者の特徴は?

社会不適合者はどういう特徴を持っているのか、下記でそれぞれ紹介します。

大きく分けてコミュニケーションが難しいタイプと、社会において生活するのが難しいタイプに分かれます。

誰にでもあてはまるような特徴もありますが、強くあてはまる場合やこれらを頻繁にやっていると、一般に社会不適合者と呼ばれてしまいます。

  • ルールや時間を守れない
  • コミュニケーションが上手く取れない
  • 集団行動やチームでの動きが苦手
  • こだわりが強すぎる
  • 継続するのが苦手

もちろんこれら以外にも様々な要因はありますが、以下では上記の特徴について詳しく解説していきます。

ルールや時間を守れない

ルールや時間を守れないという特徴は、社会不適合者の条件として代表的な特徴です。

理由はさまざまですが、社会不適合者と呼ばれる人の多くは生活リズムが崩壊しているなどが原因で時間を守ることができず頻繁に約束に遅れます。

ルールを守らないことで誰かが困ることや、時間に遅れることで待つ人がいるとわかっていても、予定時間前にアラームをかけなかったり、だるくなって直前に連絡したり、そもそも連絡せずにドタキャンする人もいます。

例えば、喫煙エリアが決まっているのに喫煙エリアの外で路上喫煙する、友達と8時に待ち合わせなのに目覚ましもかけず2時間遅れるなどがあげられます。

コミュニケーションが上手く取れない

コミュニケーションが上手く取れないのは、これ一つで社会不適合者の烙印を押されてしまいます。

例えば話すときに緊張などから相手の目を見ずに下やそっぽを向いてしまったり、声が小さくぼそぼそと話してしまい会話がスムーズに進まない事や、プライドや恥ずかしさから知らないことを知ったふりをしてやりすごした結果、後から不都合が生じるなどです。

逆に話したい欲がおさえられず、会議や雑談で相手の話を遮ってまで早口で自分の話ばかりしてしまうというのも、気遣いや思いやりに欠ける社会不適合者の例です。

集団行動やチームでの動きが苦手

チームでの動きが苦手な所も社会不適合者の特徴の一つで、サッカーで例えるとチームでパスをしながら連携してゴールに運ぶはずが、一人だけでゴールに突き進むようなイメージです。

単独行動でも成果を出して評価を受けている人もいますが一般的には難しく、「協調性がない」「空気を読んでくれない」といった社会不適合者の烙印を押されてしまいます。

自己評価が低いあまり集団に迷惑をかけてしまったり恥ずかしい思いをすることが怖い、自分だけが正しいと思い込んでいる、集団に苦手な人がいるため避けてしまうなどが理由にあげられます。

ただしこれらは一般的な社会人でも同様に感じることで、多くの方は割り切って我慢して集団で行動しています。

こだわりが強すぎる

普通の人があまり気にしない、違和感があっても諦めたりスルーすることに、異常にこだわってしまう特徴もあります。

例えば職場において作業手順の統一化がされたとき、自分がやっていた手順をやめられず新しいものに合わせることができなかったり、柔軟性に欠ける頑固さ、こだわりがあります。

自分の決めた回数や手順に沿って物事を行わないと不安になったり、物の位置や左右対称性、数字などにこだわりがあるような強迫性障害の症状は、社会に適合するうえでも障害となります。

継続するのが苦手

普通の人が嫌でも我慢してやっていること、やらなければいけないことを我慢ができずやめてしまったり、諦めてしまう特徴もあります。

継続するのが苦手というのは多くのことに当てはまりますが、例えば「朝起きて夜寝る」「毎日職場に通う」という一般的なルーティンの継続が困難で、フルタイムの仕事ができない方も意外と多くいます。

他への強いこだわり、過集中による生活サイクルの乱れや、「夜更かししたら朝つらくなる」といった後先を考えない行動、それを許す自分への甘さが原因です。

社会不適合者の末路は?

社会不適合者は社会の中でどうなってしまうのでしょうか?

「自分は社会不適合者だから~」と免罪符にして、甘えたり怠けていると悪いことばかりで苦労してしまいます。

しかし実は成功している人も多く、そのためには気を病まずに努力したり、環境を変えて自分が向いている事を仕事にする必要があります。

そのため「社会不適合者=仕事ができずに生きていけない」ということはないので、悲観的になる必要はありません。

社会不適合者に向いている仕事は?

人と人とが支え合う社会から外れてしまう社会不適合者でも、怠けているわけではなく努力していても合わせられないという場合は、やりたい事だけをやれれば社会で生きていく手段はあります。

会社という集団に入るには向いていないので、例えばランサーズなどのフリーランスサイトでやりたい仕事の一部だけを請け負ってみたり、個人で活動する方が仕事はしやすいはずです。

他には以外にもYouTuberや配信者には社会不適合者が多いという話もあり、ルールや時間を守れずこだわりが強いこと、集団行動が苦手なぶん何かに特化していたり、逆に誰もやらない事ができるという点があります。

そういった部分を活かせる仕事を見つけることができれば、社会不適合者でも社会において自分の場所を築くことができます。

時間に縛られない仕事

時間に縛られない仕事
  • Webライター
  • Webデザイナー
  • Webマーケター
  • 動画編集
  • ITエンジニア
  • YouTuber
  • フリーランス系全般

最も多い9~17時の時間が決まっているフルタイムの仕事は、特に部署の連携のために皆が同じ時間に出退勤しています。

最近では働き方改革の一環としてフレックスタイム制の導入が増えていますが、チームで業務を進めるような仕事では導入が難しく時間に縛られる仕事の方が多いです。

上記の時間に縛られない仕事は、受注してから期間内であれば、自分のやりたい時に一人で作業ができる、自分の仕事をする時間に縛られない仕事です。

昼から起きて業務をすることも可能ですし、夜に一気に仕事を進めるなど自由な働き方ができます。

人とのコミュニケーションが少ない仕事

人とのコミュニケーションが少ない仕事
  • Webライター
  • Webデザイナー
  • Webマーケター
  • 動画編集
  • ブログ運営
  • フリーランス系全般

人とのコミュニケーションが苦手なら、コミュニケーションが少ない仕事をすれば良い話で、受注、納品時のみの最低限の連絡で済む職業もおすすめです。

以外かもしれませんが、エンジニア系の多くは在宅のフリーランスであっても、プロジェクトの多くは製作物について依頼元と密にコミュニケーションを取る必要があるので、コミュニケーションを避けることは難しいです。

自分の個性や特技を活かせる仕事

自分の個性や特技を活かせる仕事
  • YouTuber
  • 配信者
  • アーティスト
  • 専門家など

自分の好きな事、関心があること、個性や特技を活かせる仕事は、社会不適合者にも向いている仕事の一つです。

言われた通りに仕事をするより、好きなこと、関心を持てることであればモチベーションを維持しやすいので、強いこだわりを活かして専門的な資格取得なども視野に入れてみましょう。

社会不適合者とは?のまとめ

  • 社会不適合者とは社会に適合できない人のこと。
  • 社会不適合者は後先考えず思いやりや柔軟性に欠ける特徴がある
  • 社会不適合者で成功している人もいて、仕事次第で変わることができる

社会不適合者の意味と特徴、向いている仕事について紹介しました。

以外にも社会では発達障害などの社会不適合者となる要因を持ちながらも成功している人は多く、発明王エジソンや天才アインシュタインは強いADHD(注意欠如多動性障害)、ASDだったそうです。

変人はアーティスト的に見ればロックですし、お笑い的に見れば面白いので、改善すべきところは改善や対策が必要ですが、ありのままを活かせる仕事もあります。

この記事では他にもニートの末路と脱出方法など、就職・転職・社会活動にまつわる内容を解説しているので気になる方はそちらもチェックしてみてください。

この記事をみんなにシェア
  • URLをコピーしました!
目次