海外FX全般
PR

【完全初心者向け】海外FXの安全な始め方は?国内FXとの違いと業者選びのポイント

n-mix
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

海外FXは危険・違法というイメージを持つ方も多く、FXの初心者の方には手を出しづらい印象があるかもしれません。

しかし実際は、使い方を間違えなければ初心者の方でも安全に利用できます

それだけでなく、数千倍のレバレッジ・ボーナスなどを始め、国内FXにはない魅力がたくさんあります。

海外FXの特徴や注意点をしっかりと把握しておくことで、国内FXよりも効率よく安全に利益を伸ばすことも可能です。

本記事では、初心者の方におすすめの、海外FXの魅力を理解し有効活用する方法を詳しく解説しています。

新規口座開設で15,000円GET

公式サイト:https://fxgt.com/

海外FXは違法なのか?

海外FXは違法ではありません。

海外FXが違法だと勘違いされてしまう主な理由に、日本の金融庁の認可を受けられないという点があります。

海外FXが日本の金融庁の認可を受けられないのは、違法な業者であるからではなく、海外FXが提供しているサービス内容が要因となっています。

例えば、以下のサービスは日本の法律では許可されていません。

国内FX業者で提供できないサービス
  • ゼロカットシステム
  • 25倍を超えるレバレッジ
  • ボーナスクレジットの付与

これらのサービスをトレーダーに提供するために、海外FX業者は別の国での金融ライセンスを取得しています。

そのため、「日本の金融庁の認可がない=海外FX自体がすべて違法である」という間違った認識が広まってしまっています。

また「海外FX」という括りがあまりにも広く、世界中のFX業者の中には違法な悪質業者も存在していることが、海外FXがすべて違法であるという噂に拍車をかけてしまっているという側面もあります。

国内FXと海外FXの違い

国内FXと海外FXでは、各種サービスを含めさまざまな違いがあります。

同じFXでも、損益に直接関わってくる大きな特徴の違いがあります

あらかじめしっかりと把握しておきましょう。

以下は、海外FXと国内FXの主な違いです。

海外FX国内FX
最大レバレッジ制限なし25倍まで
金融ライセンス各国日本の金融庁
スプレッド広め狭め
税金約15%~55%の累進課税一律20.315%
ゼロカットシステムありなし
追証なし業者により、あり
取引方法NDD方式が多いDD方式が多い
取引銘柄数多い少ない
スワップポイント低め高め
ボーナスクレジットの付与不可
Q
詳細

最大レバレッジ
FXでレバレッジをかけることで、自己資金以上の取引量でトレードが可能になります。
詳しくは・・・「少額から大きな利益を期待できる

金融ライセンス
FX業者は金融庁などの認可を受けることで、安全性や信頼性の証明としています。
詳しくは・・・「日本の金融庁のライセンスを保有していない

スプレッド
スプレッドとは、買値と売値の差のことです。
この差分がマイナスされたポイントから、ポジションはエントリーされます。
そのため実質手数料となり、FX業者の利益ともなります。
詳しくは・・・「スプレッドが広い

税金
国内FXと海外FXでは、利益に対する課税の扱いが異なります。
詳しくは・・・「利益にかかる税金が高い

ゼロカットシステム
証拠金残高が0になった時点で強制的に決済されるシステムです。
詳しくは・・・「ゼロカットシステムで追証なし

追証
追加証拠金の略。
証拠金が不足した際、ポジションをキープするために証拠金の追加を求められることです。
詳しくは・・・「ゼロカットシステムで追証なし

取引方式
FX業者がトレーダーの注文をマーケットに流して成立させる方式の違いです。
詳しくは・・・「約定力が高い

取扱銘柄数
FX業者で取引できる通貨ペアやCFD銘柄の数です。
詳しくは・・・「取り扱っている銘柄が豊富

スワップポイント
通貨ペアの2カ国間の金利差によって発生するポイントです。
金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買うと、スワップポイントが利益となります。
金利の高い通貨を売って金利の低い通貨を買うと、スワップポイントが徴収されるため損失となります。
スワップポイントは1日に一度発生するため、長期保有の際は注意が必要です。

ボーナスクレジットの付与
証拠金として利用できるボーナスクレジットが付与できるかどうかの違いです。
詳しくは・・・「ボーナスを使ってリスクなく取引できる

海外FXと国内FXの違いについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
海外FXと国内FXの違いを徹底解説!項目別の比較表とおすすめ業者11選
海外FXと国内FXの違いを徹底解説!項目別の比較表とおすすめ業者11選

【初心者向け】海外FXの安全な始め方

海外FXを始めるための手順を解説します。

大手の海外FX業者を利用する場合は、基本的な流れはどこも同じです。

今回は大手海外FX業者のひとつ「FXGT」を例に、実際に取引を開始するまでの手順を見ていきましょう。

新規口座開設で15,000円GET

公式サイト:https://fxgt.com/

海外FXを始めるための主な手順は、次の5ステップです。

ステップ1.業者選定

まずは海外FX業者を選びましょう。

海外FX業者を選ぶ際は、次の5つの点をポイントに選んでみましょう

  • 信頼性
  • 取引条件
  • サポート
  • 入出金
  • 手数料

信頼性

保有している金融ライセンス・運営の実績・口コミなどから信頼性の高いFX業者かどうかを判断しましょう。

取引条件

最大レバレッジ・ボーナス・スプレッドなど、実際の取引に関わる部分などは業者によって大きく異なるため、初心者の場合はできるだけリスクを抑えて取引を始められる業者を選びましょう。

サポート

まずは完全日本語対応でサポートしている業者を必ず選びましょう。
リアルタイムチャットに対応している業者であれば、突然のトラブルにも対応してもらえるためおすすめです。

入出金

使いやすい入出金方法が選べるかどうか、最低入金額・最低出金額は高すぎないか、などもあらかじめ見ておきましょう。

手数料

各種手数料もあらかじめ把握しておくことが重要です。
取引手数料・入出金手数料・口座維持手数料など、取引の損失以外のコストになる部分はしっかりと確認しておきましょう。

これらを総合して判断し、自分に適した海外FX業者を選びましょう。

ステップ2.口座開設

気に入ったFX業者が見つかったら、口座開設に進みます。

ここではFXGTを例に、口座開設手順を説明します。

ポイント

基本的な口座開設手順は、どこの海外FX業者もほとんど同じです。

新規口座開設で15,000円GET

公式サイト:https://fxgt.com/

まずはFXGTの公式サイトへアクセスします。

右上の「登録」をクリックします。

表示された登録フォームに必要事項を入力し、「今すぐ登録」をクリックします。

登録したメールアドレスの受信ボックスを確認します。

FXGTから届いているメールを開き、「メールアドレス認証」をクリックします。

アカウントが有効化されたことを確認します。

ここまでは、5分程度で終了します。

ボーナスの受け取りや取引を開始するには、本人確認を完了する必要があります。

本人確認には次の書類が必要です。

対応可能な書類
本人確認書類運転免許証 表面と裏面の画像各1枚(合計2枚)
マイナンバーカード 表面と裏面の画像各1枚(合計2枚)
パスポート 画像1枚
その他の本人確認書類 画像1枚
現住所確認書類公共料金請求書(電気・ガス・水道・通信、発行より3ヶ月以内)
銀行取引明細書(過去3ヶ月以内)
銀行残高明細書(署名入り、過去6ヶ月以内)
納税通知書(過去6ヶ月以内)
税金に関する政府発行の書簡(過去6ヶ月以内)
住宅保険書類(過去6ヶ月以内)
市区町村、警察署発行の住民票(過去6ヶ月以内)
住所が手書き記載ではない健康保険証(過去6ヶ月以内)

スムーズに取引に進むために、口座開設をする前に本人確認書類や現住所確認書類はあらかじめ用意しておいた方が良いでしょう。

本人確認の完了には数日かかるケースもあるため注意しましょう。

ステップ3.取引プラットフォームの選定

次に取引プラットフォームを選びます。

取引プラットフォームとは、FXを実際に取引するために必要なツールです。

チャート分析・エントリー・決済などは、この取引プラットフォーム上でおこないます。

いわゆるFXトレーダーがパソコンの画面でチャートを表示しているのが、取引プラットフォームです。

取引プラットフォームがなければ、FXでエントリーすることはできません。

そのため、最初に使用する取引プラットフォームを選んでおく必要があるわけです。

FXGTでは取引プラットフォームとしてMT4・MT5が選択できます

MT4・MT5とは

ロシアのMetaQuotes社が開発した取引プラットフォーム。
チャートのテクニカル分析に利用するインジケーターなどを、外部から取り入れたり、自由に開発できるなどカスタマイズ性が高い。

MT4・MT5は、ほとんどの海外FX業者で採用されている取引プラットフォームです。

国内FX業者でMT4・MT5を採用している業者は少なく、ほとんどがFX業者独自のプラットフォームを採用しています。

MT4・MT5はどの業者で使っても互換性があるため、FX業者を乗り換えたり、複数の業者を併用する場合でも、同じ環境をそのまま利用できるため便利です。

MT4は、カスタムインジケーターが世界中で配布・販売されており、さまざまな分析方法を試してみたい方におすすめです。

MT5は、MT4の後継にあたり、さまざまな面でグレードアップされています。

ただしカスタムインジケーターは、MT4ほどは開発されていません。

また、MT4とMT5には互換性がないため注意が必要です。

はじめてFX取引をする方には、MT5が機能性も高くおすすめです。

MT4・MT5以外では、cTraderという取引プラットフォームがいくつかの海外FX業者で採用されています。

ステップ4.入金

取引プラットフォームが決まったら、実際に入金をしてみましょう。

FXGTでは以下の入金方法が利用できます。

  • 銀行送金(オンラインバンク)
  • 銀行送金(手動入力)
  • 海外銀行送金
  • クレジットカード(VISA・Mastercard・JCB)
  • bitwallet
  • STICPAY
  • Google Pay

FXGTではどの入金方法でも手数料はかかりません。

入金方法によって最低入金額が決められているため注意しましょう。
例・銀行送金(オンラインバンク)の最低入金額=15,000円

ちなみに、FXGTは口座開設ボーナス15,000円が付与されるため、はじめて利用される方は入金をしなくてもFX取引が可能です。

リスクなしでトレードが始められるため、はじめてFXをする方は、まずは口座開設ボーナスのみで取引してみるのもおすすめです。

新規口座開設で15,000円GET

公式サイト:https://fxgt.com/

ステップ5.取引開始

すべての準備が完了したら、取引プラットフォームを立ち上げてFXのトレードが可能になります。

トレード画像

ただし、初心者の方が初めから大きな金額を利用するのはおすすめしません。

まずは少ない金額から、FXとはどういうものなのか試してみると良いでしょう。

FXにはリスク管理が大変重要です。

FXにおけるリスク管理は次のようなものがあります。

FXのリスク管理
  • 損切りの徹底
  • 適切なロット数の設定
  • 利益のこまめな出金
  • 資金の分散管理
  • その他リスクの事前想定

FXは、まずは利益を伸ばすことよりも損失を増やさないことを目標にすると良いでしょう。

そのためにはリスク管理を徹底し、十分な検証をおこなってからFXに取り組むようにしましょう。

まずはリアルトレードではなく、デモ口座を開設してバーチャルマネーでデモトレードをしてみるのもおすすめです。

デモ口座はほとんどの大手FX業者で用意されています。

【必見】初心者が安全な海外FX業者を選ぶポイント

初心者の方がはじめて海外FXを使う際に、安全な業者を選ぶポイントを解説します。

海外FX業者を選ぶポイントは色々ありますが、まずは以下の3点を押さえておけば問題ないでしょう。

日本語サポート体制

初心者のうちは、日本語のサポート体制が万全である業者を選ぶようにしましょう。

海外FX業者は日本人以外が運営していることが多く、日本語に対応していないケースもあります。

はじめてFXをやる初心者にとって、公式サイトが日本語化されていなかったり、日本語でのサポートが受けられないのは大変危険です。

FXはレバレッジを効かせて、少ない資金で大きな金額を動かす取引です。

そのため、言葉がわからないことが原因で思わぬミスやトラブルに発展してしまうと、大きな損失につながってしまう可能性が十分にあります

大前提として公式サイトが完全に日本語化されている方が好ましいです。

また、日本語でのリアルタイムチャットでの問い合わせが可能な業者がおすすめです。

メールでの問い合わせの場合は、返答までに時間かかってしまうケースがありますが、リアルタイムチャットであれば急なトラブルにもすぐに対応してもらえるため安心です。

日本語化されてないFX業者を利用する際に、自動翻訳に頼るのもできれば避けましょう。
正しい翻訳がされているとは限らないため、思わぬトラブルにつながる可能性があります。

豪華なボーナス

ボーナスが豪華な業者を選択すれば、初期費用を抑えての取引が可能です。

海外FX業者は口座開設ボーナス・入金ボーナスなどで、証拠金として使えるボーナスクレジットを付与しています。

口座開設ボーナスは、自己資金を使わずに取引が始められるため、はじめてFX取引をする方にはリスクを抑えるという意味でもおすすめです。

ボーナスのみで取引ができるのは、クッション機能のついているボーナスが対象です。

入金ボーナスも、入金額に対してボーナスクレジットが付与されるサービスです。

例えば

20%入金ボーナスであれば、10万円の入金に対して2万円分のボーナスクレジットがプラスされ、合計12万円の証拠金で取引が始められます。

以下は、豪華なボーナスを提供している海外FX業者の一例です。(2024年5月時点)

FX業者名口座開設ボーナス入金ボーナス
FXGT15,000円分100%+50%
XMTrading13,000円分100%+20%
IS6FX13,000円分100%+50%+30%

このような海外FX業者を利用すれば、初心者の方でもリスクを抑えて取引始められるためおすすめです。

海外FXのボーナスについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【当サイト限定】海外FXボーナス一覧│口座開設・入金ボーナスを徹底比較
【当サイト限定】海外FXボーナス一覧│口座開設・入金ボーナスを徹底比較
新規口座開設で15,000円GET

公式サイト:https://fxgt.com/

入金・出金の方法が豊富

入金や出金の方法が豊富な業者を選んだ方が、選択肢が多く手数料などの節約になるためおすすめです。

海外FX業者の入出金で使われる方法の一例は以下のとおりです。

入出金方法説明
国内銀行送金日本国内の銀行から日本国内の銀行への振込入金・出金
海外銀行送金日本国内の銀行から海外の銀行への送金
クレジットカードクレジットカードを利用した入出金
bitwallet世界中で使われているオンラインウォレットのひとつを利用した入出金
STICPAY世界中で使われているオンラインウォレットのひとつを利用した入出金
仮想通貨入金ビットコインなど仮想通貨での入出金

上記以外にも、各種オンラインウォレットやApple Payなどの決済サービスに対応しているケースもあります。

海外FX業者では、入金した金額までは入金と同じ方法でしか出金できないケースが多いため注意しましょう。
ただし利益分に関しては、別の方法での出金が可能なケースが多いです。

初心者におすすめの安全な海外FX業者4選

初心者の方でも安心して使いやすい海外FX業者を紹介します。

それぞれ業者ごとに特徴があるため、まずは気に入ったところ使ってみると良いでしょう。

XM

ボーナス口座開設ボーナス・13,000円分
100%入金ボーナス(500ドル相当まで)
20%入金ボーナス(総額10,500ドル相当まで)
最大レバレッジ1,000倍
通貨ペア1,433種類
スプレッド(ドル円)約2.5pips~
金融ライセンスセーシェル共和国金融庁 (FSA)
モーリシャス共和国金融サービス委員会(FSC)
日本語サポートメール
リアルタイムチャット
XMのおすすめポイント
  • 日本人の利用者が一番多い
  • 実績が長く信頼度が高い
  • ボーナスが豪華

XMは海外FX業者のなかでも最も日本人からの人気が高く、利用者の数が一番多いFX業者です。

多くのトレーダーからの支持を受けているだけでなく、2009年から設立されているため実績も十分にあります。

長い歴史のなかで過去に大きなトラブルもなく、安全性も高いと言えるでしょう。

XMは豪華なボーナスを常に提供していることでも有名で、初心者の方がはじめてFX取引をするのに向いています。

日本語のサポートも手厚く、安心して取引できるため、プロのトレーダーにも利用者の多いFX業者です。

XMの評判について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
XM(XMTrading)の評判や口コミを徹底解説!ロコミ・評判からわかるメリット・デメリット、安全性や注意点
XM(XMTrading)の評判や口コミを徹底解説!ロコミ・評判からわかるメリット・デメリット、安全性や注意点
新規口座開設で13,000円GET

公式サイト:https://xmtrading.com

FXGT

ボーナス口座開設ボーナス・15,000円分
100%入金ボーナス(最大8万円)
50%入金ボーナス(最大15万円)
25%入金ボーナス(最大120万円)
最大レバレッジ1,000倍
通貨ペア189種類
スプレッド(ドル円)約1.5pips~
金融ライセンスセーシェル共和国金融庁 (FSA)
日本語サポートメール
リアルタイムチャット
FXGTのおすすめポイント
  • ボーナスが豪華
  • 独自で賠償責任保険に加入している
  • 仮想通貨取引に力を入れている

FXGTは、海外FX業者のなかでも特にボーナスが豪華です。

初期費用をできる限り抑えたい方や、ボーナスだけで取引をしたい方などにおすすめです。

特に初心者のうちは、FX取引の技術が身についていないため、FXGTのようにボーナスが豪華な業者から始めるのが良いでしょう。

またFXGTは独自で賠償責任保険に加入しています。

この保険では最大で100万ユーロまで補償されるため、万が一FXGTが倒産などをしてしまったとしてもトレーダーの資金の一部は安全に守られます。

仮想通貨の取引に力を入れていることでも有名で、FXだけでなく仮想通貨の取引もしたい方にもおすすめです。

FXGTでは仮想通貨で直接の入出金が可能なため、両替などの手数料が節約できます。

FXGTの評判について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
FXGTの評判を徹底解説!口コミやメリットやデメリット、安全性について
FXGTの評判を徹底解説!口コミやメリットやデメリット、安全性について
新規口座開設で15,000円GET

公式サイト:https://fxgt.com/

BigBoss

ボーナス100%入金ボーナス(最大700ドル相当)
30%入金ボーナス(最大1,500ドル相当)
20%入金ボーナス(最大11,500ドル相当)
最大レバレッジ2,222倍
通貨ペア約80種類
スプレッド(ドル円)約1.4pips~
金融ライセンスセントビンセントおよびグレナディーン諸島金融庁 (FSA)
日本語サポートメール
リアルタイムチャット
BigBossのおすすめポイント
  • 最大2,222倍のハイレバレッジ取引が可能
  • 入金ボーナスが手厚い
  • 独自のスマホアプリを提供

BigBossは2,222倍というとても高いレバレッジでの取引が可能です。

そのため、自己資金の少ないトレーダーや初心者の方でも少額から利益を伸ばしやすくなっています。

入金ボーナスも手厚く、3段階に分けて最大で13,700ドル相当が付与されます。

2,222倍のレバレッジと併せて活用することで、より効率よく利益が伸ばしやすくなるでしょう。

またBigBossは「BigBoss QuickOrder」という独自のスマホアプリを提供しています。

どこでも手軽にチャート分析をしてエントリーがしやすいように開発されており、仕事の合間などにトレードをしたい方にもおすすめです。

最新の口座タイプ「デラックス口座」では、用意されたアバターを着せ替えることで口座タイプのシステムが変更できるなど、楽しみながらFX取引ができます。

BigBossの評判について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
BigBoss(ビックボス)の評判や口コミ!リアルな口コミと安全性を解説
BigBoss(ビックボス)の評判や口コミ!リアルな口コミと安全性を解説
当サイト限定で口座開設ボーナスGET

公式サイト:https://bigboss-financial.com/

AXIORY

ボーナス不定期開催
最大35,000円100%入金ボーナス(一例)
最大レバレッジ400倍
通貨ペア400種類以上
スプレッド(ドル円)約1.3pips~
金融ライセンスベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
日本語サポートメール
リアルタイムチャット
AXIORYのおすすめポイント
  • 約定力の高いcTraderが利用可能
  • 顧客の資金は信託保全で守られているため安全度が高い
  • 取引で貯まるポイントで豪華な商品と交換が可能

AXIORYは、cTraderという新しいタイプの取引プラットフォームが利用できます。

海外FX業者のほとんどはMetaQuotes社の開発したMT4・MT5が採用されています。

AXIORYではMT4・MT5も利用可能ですが、約定力の高いcTraderを採用したことで、より精度の高いFX取引が可能となりました。

また、海外FX業者の場合は信託保全の義務がありませんが、AXIORYは信託保全で顧客の資金を守っています。

そのためAXIORYに何かトラブルがあったとしても、トレーダーが預けている資金は全額補償されます。

安全面に関しては、他のFX業者よりもさらに高いと言えるでしょう。

また、AXIORYは独自のポイントシステムを採用しており、ポイントを貯めることでApple Watchなどの豪華景品と交換ができます。

初心者が海外FXを始めるメリット

海外FXは国内FXにはない大きなメリットがたくさんあります。

しっかりと把握しておいて、海外FXのメリットを有効活用しましょう。

海外FXの主なメリットは以下のとおりです。

取り扱っている銘柄が豊富

海外FX業者の方が国内FX業者よりも、取引ができる通貨ペアや銘柄が多い傾向にあります。

海外FX業者では、ドル円やユーロドルのようなメジャー通貨のみならず、マイナー通貨ペアやエキゾチック通貨ペアなど豊富に扱っているケースが多いです。

100種類~1,500種類の通貨ペアを取引できる業者もあり、さまざまな取引スタイルにあわせてエントリーチャンスも増えるため有利になります。

また海外FX業者の場合、FX通貨ペアだけでなく、貴金属・仮想通貨・債権・株価指数などのその他のCFD取引も可能です。

CFD取引とは

Contract for Difference(差金決済取引)の略。
注文した時の価格と決済した時の価格の差で、利益を獲得する取引方法。
FXも、広い意味でCFD取引のひとつとされる。

CFD商品も合わせると、数百以上の銘柄が取引できるケースもあり、より多くの資産に投資できるのが海外FX業者の大きな特徴です。

ボーナスを使ってリスクなく取引できる

海外FXは、ボーナスクレジットの付与が可能です。

ボーナスクレジットは証拠金として利用が可能で、基本的にはボーナスを利用して得た利益も出金可能です。

口座を開設しただけで付与される口座開設ボーナスや、入金額に応じてボーナスクレジットが付与される入金ボーナスなどがさまざまな海外FX業者で提供されています。

国内FX業者では、証拠金として利用できるボーナスクレジットの付与は法律で禁止されています。

ポイント

国内FX業者の場合はボーナスクレジットが付与できないため、キャッシュバックや食べ物などの景品がもらえるキャンペーンなどが開催されています。

そのため、ボーナスクレジットは海外FX業者でしか利用できない大きなメリットと言えるでしょう。

さらにクッション機能が採用されているボーナスクレジットであれば、自己資金を1円も使わずに利益を出すことも可能です。

クッション機能とは

ボーナスクレジットのみで取引ができるシステム。
付与された口座開設ボーナスのみでの取引や、含み損により自己資金がなくなった際のボーナスのみでの取引が可能。

リスクを極限まで抑えて取引ができるため、技術の伴わない初心者であっても安心してFXが始められます。

海外FXのボーナスの使い方について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
海外FXボーナスの賢い使い方とは?ボーナスを最大限活用する方法と注意点
海外FXボーナスの賢い使い方とは?ボーナスを最大限活用する方法と注意点

少額から大きな利益を期待できる

海外FXでは、数百倍から数千倍という大きなレバレッジで取引が可能です。

そのため国内FXよりも、さらに少額から取引が始められます

例えば・・・

1ドル=100円のときに、1ロット(10万通貨)で取引するのに必要な証拠金は以下の式で求められる。

現在のレート×ロット数÷レバレッジ=必要証拠金

国内FX(レバレッジ25倍)の場合
100円×10万通貨÷25=40万円

海外FX(レバレッジ1,000倍)の場合
100円×10万通貨÷1,000=1万円

このように、海外FXであれば自己資金が少なくてもFXが始めやすくなっています。

レバレッジが高ければ高いほど効率よく利益を伸ばしやすくなるため、海外FXはより有利な取引が可能となるわけです。

レバレッジが高くなると、損失が大きくなる勢いも増えるため注意しましょう。

ゼロカットシステムで追証なし

海外FX業者の場合は、ほとんどの業者でゼロカットシステムが採用されています。

ゼロカットシステムとは

証拠金が0になった段階で、ポジションが強制決済されるシステム。
海外FX業者では、ほとんどの場合急激な相場の変動によりゼロカットが間に合わなかったとしてもマイナス分は補填される。

これにより、トレーダーは含み損が証拠金残高を下回ってしまっても、追証が発生せずFX会社に対して借金を背負う心配がありません。

国内FX業者の場合、業者がトレーダーの損失を補填することが法律で禁止されているため、ゼロカットシステムが採用できません。

そのため、トレーダーは追証として借金を背負うリスクが出てきてしまうわけです。

海外FX業者を利用していれば、トレーダー自身の口座に入ってる証拠金以上の損失を被る心配がないため、リスクを最低限に抑えたFX取引が可能となります。

海外FX追証について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
海外FXは追証がない?ゼロカットシステムの仕組みと追証なしのおすすめ業者5選
海外FXは追証がない?ゼロカットシステムの仕組みと追証なしのおすすめ業者5選

ロスカットの水準が低い

海外FX業者は国内FX業者と比べて、比較的ロスカットの水準が低く設定されています。

ロスカットとは

証拠金維持率がロスカット水準に達した段階で強制決済されるシステム。
例えば有効証拠金が1万円で、ロスカット水準50%であれば、5,000円になった段階で決済される。

国内FX業者の場合、ロスカット水準は100%程度に設定されているケースが多いのに対し、海外FX業者の場合は20%程度で設定されていることが多いです。

ロスカット水準が高いと、相場が少し反対方向に動いただけでもすぐにロスカットされてしまうリスクが大きくなります。

そうなってしまうと、価格が戻ってきても含み損を回収するチャンスがなくなってしまいます。

海外FXの場合ロスカット水準が低めに設定されているため、証拠金をギリギリまで使ってポジションを保有できます。

このため海外FX業者の方が、より証拠金を有効に活用できるため、有利な取引が可能です。

約定力が高い

海外FX業者の方が約定力が高い傾向にあります。

約定力とは、トレーダーが注文した価格とできる限り近い価格で注文を通せる能力のことです。

約定力が弱いと、価格の滑り(スリッページ)という現象が起こりやすくなるため、注文した価格と実際に成立した価格に差が出てしまいます。

トレードの精度や損益にも影響してくるため、約定力の高さは非常に重要なポイントとなってきます。

海外FX業者の方のほとんどは、NDD方式という約定力が高い取引方式を採用しています。

NDD方式とは

No Dealing Desk方式の略。
トレーダーからの注文とマーケットとの間に、業者の介入がない取引方式。
ディーラーの介入がないため、取引の透明性が高く、約定力も高いとされている。

そして、国内FX業者は、DD方式という取引方式が一般的です。

DD方式とは

Dealing Desk方式の略。
トレーダーからの注文とマーケットとの間に、業者の介入がある取引方式。
ディーラーの介入がある分、NDD方式よりも約定に時間がかかるとされている。

海外FX業者は、NDD方式の中でもさらに約定力が高いと言われているECN方式を採用しているところも多く、約定力の高さを重要視するのであれば海外FX業者がおすすめです。

海外FXのNDD方式について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
海外FXのNDD方式とは?DD方式との違いやメリット・デメリット、おすすめの業者、NDDの業者一覧
海外FXのNDD方式とは?DD方式との違いやメリット・デメリット、おすすめの業者、NDDの業者一覧

初心者が海外FXを始めるデメリット

海外FXにはいくつかのデメリットもあります。

ただししっかりと理解して対策しておけば、大きな問題となるようなことではありません。

あらかじめ把握しておきましょう。

日本の金融庁のライセンスを保有していない

海外FX業者は、日本の金融庁の認可を取得していません。

そのため、日本のユーザーからすると信頼度が低く感じてしまうかもしれません。

確かに日本の金融庁はFX業者に信託保全を義務付けているなど、トレーダーが安全に取引ができるように厳しく規制されています。

日本の金融庁のライセンスがないということは、そのような厳しい規制を受けずに運営できてしまうため不安が残ります。

ただし、海外FX業者が日本の金融庁の認可を受けていないのには理由があります

海外FX業者の多くが採用している以下のサービスは、日本の法律では許可されていません。

  • ゼロカットシステム(業者がトレーダーの損失を補填すること)
  • 25倍を超えるレバレッジ
  • ボーナスクレジットの付与

そのためこれらのサービスをトレーダーに提供するためには、日本の金融庁の認可は諦めざるを得ないのです。

代わりに、海外FX業者はさまざまな国の金融ライセンスを取得しています。

主な金融ライセンス
  • 英国金融行動監視機構(FCA)
  • 全米先物協会(NFA)
  • ニュージーランド金融市場庁(FMA)
  • スイス金融市場調査局(FINMA)
  • セーシェル共和国金融サービス庁(FSA)
  • ケニア資本市場庁(CMA)
  • ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
  • ドバイ金融サービス機構(DFSA)
  • セントビンセントおよびグレナディーン諸島金融庁(SVGFSA)
  • バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)
  • キプロス証券取引委員会(CySEC)
  • モーリシャス金融サービス委員会(FSC Mauritius)
  • 南アフリカ金融行動監視機構(FSCA)

これらの金融ライセンスは取得難易度に違いがあり、どのライセンスを保有しているかで信頼度や安全度の目安にできます。

例えば上記のなかでは、英国金融行動監視機構(FCA)のライセンスが最も取得難易度が高く、このライセンスを業者やそのグループ会社が取得していれば信頼度や安全度はかなり高いと思って良いでしょう。

ポイント

金融ライセンスによっては日本の金融庁と同等か、それ以上の厳しい規制を設けている国もあるため、FX業者を選択する際は必ずチェックしておきましょう。

当サイト限定で口座開設ボーナスGET

公式サイト:https://bigboss-financial.com/

スプレッドが広い

海外FX業者は、国内FX業者と比べるとスプレッドが広い傾向にあります。

スプレッドの例

スプレッドが2.0pipsだった場合
トレーダーが100.00円の時点で注文ボタンを押したとしても、99.98円でエントリーされる。
このように実質の手数料となるため、スプレッドが狭い方が取引は有利になる。

海外FX業者のスプレッドが広い理由には、採用している取引方式が関係しています。

国内FX業者の多くが採用しているDD方式は、トレーダーの損失分が業者の利益になります。

しかし、海外FX業者の多くが採用しているNDD方式はトレーダーの損失は業者の利益になりません。

そのため、スプレッドや取引手数料などで業者は利益を得ています。

つまり、スプレッドで利益を得る必要のないDD方式を採用している国内FX業者よりも、海外FX業者の方がスプレッドは広くなってしまうというわけです。

ただし大手の海外FX業者のほとんどは、スプレッドが狭い口座タイプを用意しています。

スプレッドの広さが気になるようであれば、そういった口座タイプを利用することで解決できます。

そのため海外FX業者と国内FX業者のスプレッドの差は、実際には大きな問題とはなりません。

ポイント

スプレッドが狭い口座タイプの場合、ボーナスの対象外・取引銘柄に制限がある、などの条件が場合が多いためあらかじめ確認しておきましょう。

利益にかかる税金が高い

利益の金額によっては、国内FX業者よりも海外FX業者を使っている方が税金が高くなります

海外FXと国内FXでは、課税の条件が以下のように異なります。

海外FX国内FX
課税方法総合課税申告分離課税
課税対象
海外FXの利益+その他の所得の、合計所得
国内FXの所得のみ
税率
累進課税
15~55%
(所得税5%~45%+住民税10%)
金額に関係なく
一律20%
(所得税15%+住民税5%)

海外FXの場合は、利益が大きくなれば大きくなるほど税率が高くなるようになっています。

実際の金額で言うと、およそFXでの利益を含む所得が330万円を超えてくると、国内FXよりも多くの税金を取られてしまいます。

そのため、経費や基礎控除などを差し引いて所得が330万円に近くなるようであれば、国内FXを利用するなどの節税対策を検討した方が良いでしょう。

ただし、330万円以上を毎年コンスタントに稼ぐのは、プロのトレーダーレベルのため、初心者のうちは海外FX利用していた方が税金は安く済みます。

FXの利益にかかる税金について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【税理士監修】海外FXの税金を徹底解説!確定申告のやり方、確定申告と課税ルールや計算方法
【税理士監修】海外FXの税金を徹底解説!確定申告のやり方、確定申告と課税ルールや計算方法

悪質な業者が存在する

海外FX業者は数が多いため、中には悪質な業者も少なからず存在します。

悪質な業者を利用してしまうと、資金を出金できない・取引を操作されるなどのトラブルに巻き込まれる危険性があります。

そもそも国内FX・海外FXという括り自体が、日本国内とそれ以外の国という分け方で考えているため、当然対象となるFX業者の数には大きな差があります。

”海外”とひとくちに言っても、設立した国や金融ライセンスの発行元などによって安全度・信頼度も異なるわけです。

設立する国によってはFX業者を簡単に作れてしまうところもあり、悪徳業者であったとしても見分けるのは決して容易ではありません。

法人の証明を提出するだけで金融ライセンスが手に入ってしまうような国もあります。

その点日本の場合、FX業者を運営するには金融庁の厳しい審査を通過しなければならないため、悪徳業者が営業をするのはほぼ不可能になっています。

そのため海外FX業者を利用する際は、その見極めが大変重要になります。

悪質な業者を見極める目安として、以下のようなFX業者には注意しましょう。

危険な可能性が高いFX業者の特徴
  • 金融ライセンスを保有していない
  • 口コミがほとんどない
  • 過去にトラブルを起こしている
  • SNSなどで勧誘してくる

海外FX業者は、日本人に対する勧誘行為が禁止されています。

そのためSNSなどでFX業者から直接口座開設の勧誘を受けた際は、危険な業者の可能性が高いでしょう。

まずは情報の少ないマイナーな海外FX業者は利用せず、大手の海外FX業者を使うようにしましょう。

海外FX初心者に関するよくある質問

海外FXの初心者からのよくある質問に回答します。

海外FXをおすすめしない理由はありますか?

海外FXはメリットが多く、おすすめしない理由はあまりありません

ただし、以下のようなトレーダーの方には国内FXの方が良いケースがあります。

  • 年間のFXの利益が330万円以上
  • 信託保全をしているFX業者を使いたい

まず年間のFXでの利益が330万円を超えてくると、国内FXよりも海外FXの方が税金が高くなります。

そのため、それ以上利益が上がっていくのにも関わらず海外FXを使い続けていると、税金面で損をしてしまいます。

年間の利益が330万円以上になっていくようであれば、国内FXでの取引も検討した方が良いかもしれません。

すべてを国内FXに切り替えなくても、取引の一部を国内FXに切り替えるだけでも節税になります。

また、信託保全をしているFX業者を利用したい場合は、国内FXがおすすめです。

国内FX業者は信託保全が金融庁によって義務付けられています。

しかし海外FXの場合はその義務付けがないため、信託保全ではなく分別管理がほとんどです。

自己資金をより確実に守りたい場合は、国内FX業者を利用した方が安全度は高いです。

海外FXの税金について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【税理士監修】海外FXの税金を徹底解説!確定申告のやり方、確定申告と課税ルールや計算方法
【税理士監修】海外FXの税金を徹底解説!確定申告のやり方、確定申告と課税ルールや計算方法

海外FXはやばいですか?

やばい=危険という意味で捉えるのであれば、大手海外FX業者のほとんどはやばくはありません

過去に問題を起こし資金を持ち逃げした一部の業者を除き、サービス開始から現在に至るまで大きなトラブルが起きている大手海外FX業者はありません。

その海外FX業者がやばいかどうかを判断する目安のひとつとして、「信頼度の高い金融ライセンスを保持しているか」という点に注目すると良いでしょう。

また、危険な悪徳業者を利用してしまわないためにも、SNSなどで直接会ったこともない知らない人から誘われたFX業者は絶対に使わないようにしましょう。

そのような誘いに乗ることで、詐欺などの被害に遭うケースも少なくありません。

口コミなどを自分で調べ、情報や利用者が多く安全性の高そうなFX業者を選ぶことが重要です。

プロが使う海外FX会社はどこですか?

知名度のある大手の海外FX業者であれば、多くのプロのトレーダーも利用しています。

本記事で紹介しているXM・FXGT・BigBoss・AXIORYは実際にプロのトレーダーも利用しており、使い勝手や安全度が高いためおすすめです。

海外FX業者に、初心者向け、あるいはプロ仕様といった括りはありません。

プロであっても海外FX業者に求めるものは、安全性や信頼度、取引のしやすさという点であることに変わりません。

あとはプロのトレーダーが使いやすい業者をそれぞれ利用しています。

利益が安定して取引スタイルが確立してきたら、トレーダー自身の条件に合うような特徴を持ったFX業者を探してみると良いでしょう。

新規口座開設で13,000円GET

公式サイト:https://xmtrading.com

海外FXは出金拒否になりますか?

基本的に出金拒否をされることはほぼありません

しかし、トレーダー自身が利用規約を把握しておらず、規約違反となるトレードをしてしまったせいで出金を取り消されてしまうケースがあります。

以下のケースは規約違反になりやすいため注意が必要です。

規約違反になりやすい取引の一例
  • 別口座にまたがった両建て取引
  • 経済指標発表時など、相場が荒れるタイミングばかりを狙った取引
  • 窓開け・窓閉めばかりを狙った取引
  • EA(自動売買)でのスキャルピング
  • ボーナス・ゼロカットシステムを不正利用した取引

上記のような規約違反をおこなってしまった場合、故意であるかないかにかかわらずペナルティの対象となる可能性があるため注意しましょう。

基本的には規約さえ守っていれば、FX業者から出金拒否になることはありません。

ただし、過去にFX業者がトレーダーの資金を出金させず、そのまま会社を破綻させて持ち逃げしたケースもあります。

海外FX・国内FXに関わらず、1つの場所に資金をすべて置いておくのは危険です。

こまめに出金したり、口座や業者を分散するなどして資金は管理した方が良いでしょう。

【まとめ】海外FXは業者選びを間違えなければFX取引がより有利になる!

海外FX業者は選び方さえ間違えなければ、国内FX業者を利用するよりもたくさんのメリットがあります

特に初心者の方は使える資金が少ないことも多いため、海外FX業者を利用した方がより効率よく少額から利益が伸ばしやすくなります。

税金面に関しても海外FXの方が最初のうちはお得なので、おすすめです。

海外FXをうまく活用して、リスクとコストを抑えた取引をはじめてみましょう。

まずは口座開設ボーナスを利用して、自己資金を使わずにFX取引をしてみてはいかがでしょうか。

新規口座開設で15,000円GET

公式サイト:https://fxgt.com/

ABOUT ME
株式会社ピコラボ
株式会社ピコラボ
海外FXラボ編集部
海外FXラボは、海外FXに関する情報を提供しているWEBメディアです。当サイトの編集部は、海外FX業者の利用経験があるメンバーで構成されています。実際の経験を踏まえた、わかりやすく正確な情報の提供を行っております。
記事URLをコピーしました