MENU

    ファクタリング14社を徹底比較!おすすめランキングと個人利用・即日入金可の業者【2024年6月最新】

    ファクタリングおすすめ

    PR
    最終更新日:2024年06月12日

    • ファクタリング会社が多すぎて選べない…
    • どの業者が総合的におすすめなのか知りたい

    おすすめのファクタリング会社に関するこのような悩みを解決します。

    ファクタリング会社とは、売掛債権を買い取ることにより売掛債権の支払い期日前に入金してくれる業者です。

    しかし、ファクタリング会社は国内に数多く存在するため、どこサービスが自分に合っているか分かりづらいです。

    そこで、本記事ではファクタリング業者を選択する際に重要な判断基準となる手数料や入金スピードなどを比較して14社をランキングにしました。

    この記事を読めば、おすすめのファクタリング業者で悩むことなく一目で判断でき、自分に適した業者を選んで実際に利用可能なのでぜひご覧ください。

    【比較表】ファクタリングのおすすめ業者14選

    ファクタリングのおすすめ業者14選の比較表(2024年6月時点の最新版)は以下のとおりです。

    スクロールできます
    順位サービス名手数料入金スピード必要書類の数ファクタリングの種類法人/個人
    1位ビートレーディング2%〜最短即日2つ2社間/3社間法人/個人
    2位日本中小企業金融サポート機構1.5〜10%最短即日2つ2社間/3社間法人/個人
    3位QuQuMo1%〜最短2時間2つ2社間法人/個人
    4位ベストファクター2%〜最短24時間3つ2社間/3社間法人/個人
    5位ペイトナーファクタリング10%最短10分3つ2社間法人/個人
    6位PayToday1〜9.5%最短30分4つ2社間法人/個人
    7位フリーナンス即日払い3〜10%最短即日2つ2社間法人/個人
    8位OLTAクラウドファクタリング2〜9%原則即日4つ2社間法人/個人
    9位labol10%最短60分3つ2社間個人
    10位No.11〜15%最短即日4つ2社間/3社間法人/個人
    11位アクセルファクター2%〜原則即日4つ2社間/3社間法人/個人
    12位みずほファクター非公開最短1週間非公開3社間法人
    13位MSFJ1.8%〜最短1時間3〜4つ2社間/3社間法人/個人
    14位アーリーペイメント1〜10%最短2営業日2つ以上2社間法人

    ファクタリング業者の手数料・入金スピード・必要書類などを比較して14社をランキング形式でまとめているので、ぜひ参考にしてください。

    【初心者ガイド】ファクタリング利用で知っておくべき基礎知識

    ファクタリングの必要性

    ファクタリング初心者が知っておくべき基礎知識は次の4つです。

    ファクタリング初心者が知っておくべき基礎知識
    • ファクタリングの仕組み
    • 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い
    • 手数料の相場
    • ファクタリング利用の流れ

    ファクタリングは、売掛債権を利用者がファクタリング会社に売却し、売掛債権の支払い期日前にスピーディな資金調達ができる仕組みになっています。

    また、ファクタリングは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに分類でき、以下のように登場人物や特徴を押さえると違いを理解しやすいです。

    2社間ファクタリング
    3社間ファクタリング
    スクロールできます
    2社間ファクタリング3社間ファクタリング
    登場人物利用者、ファクタリング会社の2社利用者、ファクタリング会社、売掛先の3社
    特徴売掛先にファクタリングがバレない売掛先の合意が必要
    審査スピード早め遅め
    手数料の相場8〜18%2〜9%
    売掛債権の代金支払い利用者→ファクタリング会社売掛先→ファクタリング会社

    ファクタリング手数料の相場は2〜18%で、2社間ファクタリングの方が3社間ファクタリングより高い傾向があります。

    その理由は、2社間ファクタリングでは売掛先が登場しない分の売掛債権の信頼性の低さを手数料として上乗せしているからです。

    ファクタリングは以下の3ステップで利用できます。

    STEP
    申し込み(無料見積)

    Webフォームや電話などで申し込みを行う。

    STEP
    必要書類の提出

    ファクタリング会社から提示された必要書類を提出する。

    STEP
    審査・契約・入金

    審査・契約を行い、スピーディな入金が行われる。
    ※申し込みから最短即日で入金される場合が多い。

    これらの基礎知識を押さえ、まずはファクタリングの全体像を理解しておきましょう。

    おすすめ(人気)のファクタリング業者ランキングTOP14

    ファクタリング会社やサービスは国内で数多く存在するため、初心者がファクタリング会社を選定する際は苦戦する場合が多いです。

    当サイトでは安全面や実績などを考慮したファクタリング業者を厳選し、おすすめの14社をランキング形式で紹介するのでぜひご覧ください。

    ファクタリングのおすすめ業者14選の特徴は以下のとおりです。

    スクロールできます
    順 位サービス名特 徴
    1位ビートレーディング業界トップクラスの取引実績
    2位日本中小企業金融サポート機構ファクタリングの認定支援機関
    3位QuQuMo手数料の安さが業界最高水準
    4位ベストファクター平均買取率が高い
    5位ペイトナーファクタリング入金スピードが業界トップクラス
    6位PayToday画期的なAIファクタリングサービス
    7位フリーナンス即日払いフリーランスの補償サポートが充実
    8位OLTAクラウドファクタリング十分な取引実績とAI審査
    9位labol個人事業主向けで少額から買取可能
    10位No.1他社からの乗り換え満足度がほぼ100%
    11位アクセルファクター入金スピードが早く審査通過率も高い
    12位みずほファクター銀行系ファクタリングという安心感がある
    13位MSFJ利用できるファクタリングサービスが豊富
    14位アーリーペイメント売掛債権を数億円まで買取可能

    それぞれのファクタリング業者の詳細を見ていきましょう。

    1位:ビートレーディング

    手数料2%〜
    入金スピード最短即日
    買取限度額制限なし
    ※買取実績は3万円~7億円
    ファクタリングの種類2社間/3社間
    必要書類の種類売掛債権の書類
    通帳のコピー

    おすすめ第1位は、「ファクタリングのパイオニア」と呼ばれている老舗ファクタリング会社のビートレーディングです。

    ビートレーディングは法人・個人を対象にファクタリングサービスを提供しており、累計買取額1,300億円・5.8万社以上の取引実績を誇ります。

    ビートレーディングがおすすめの理由は以下のとおりです。

    ビートレーディングがおすすめの理由
    • 業界トップクラスの取引実績があり信頼性が高い
    • 手数料の安さ・入金スピードの早さ・必要書類の少なさがバランス良く高水準
    • 買取限度額に制限がなく使いやすい
    • ファクタリング契約の柔軟性が高い(オンライン・来社・訪問のいずれかを選択可能)

    ビートレーディングは法人・個人が2社間・3社間ファクタリングのどちらでも利用でき、サービスの質・実績・安全性いずれも隙がありません。

    ファクタリングの利用に慣れていない初心者の方や取引実績・安全性を優先したい方には、ビートトレーディングの利用をおすすめします。

    2位:日本中小企業金融サポート機構

    手数料1.5〜10%
    入金スピード最短即日
    買取限度額制限なし
    ※買取実績は3万円~2億円
    ファクタリングの種類2社間/3社間
    必要書類の種類売掛債権の書類
    通帳のコピー

    おすすめ第2位は、東財務局長などが認定する経営支援機関である一般社団法人の日本中小企業金融サポート機構です。

    日本中小企業金融サポート機構は法人・個人を対象にファクタリングを行っており、取引社数8,130社・支援総額201億円と十分な実績があります。

    日本中小企業金融サポート機構がおすすめの理由は以下のとおりです。

    日本中小企業金融サポート機構がおすすめの理由
    • 認定支援機関支援を要件とする補助金の申請や保証料の減額が可能
    • 一般社団法人だから実現した低手数料
    • 最短30分のスピード審査
    • 必要書類が2点で少ない
    • オンライン契約が可能

    日本中小企業金融サポート機構では、ファクタリングで重要な3要素である「手数料の安さ」「入金スピードの早さ」「必要書類の少なさ」が揃っています。

    高品質なファクタリングサービスや認定支援機関のメリットを活用したい方は、日本中小企業金融サポート機構の利用を検討しましょう。

    3位:QuQuMo

    手数料1%〜
    入金スピード最短2時間
    買取限度額制限なし
    ファクタリングの種類2社間
    必要書類の種類請求書
    通帳のコピー

    おすすめ第3位は、ファクタリングサービスの質を追求する業者であるQuQuMoです。

    QuQuMoは法人・個人を対象に2社間ファクタリングを行っており、実績として以下のような口コミがあります。

    東京都 建設業
    資金調達額600万円 申込から振込まで3時間

    銀行に行っても貸してもらえず、途方に暮れていたとき広告を見てすぐに相談しました。 私は、ネットが苦手で不安でしたが サポートセンターに問合せをしながら安心して契約を進めることができました。必要書類も少なくこんなに簡単に資金調達ができるんだとびっくりしてます。 また困った際にはお願いしようと思います。

    大阪府 広告代理店
    資金調達額1200万円 申込から振込まで2時間
    取引先からの急な入金日の変更があり、別件の仕入れの支払いや、融資金の返済が困難になってしまい、困っていたときにネットでのサービスを見て利用しました。 必要な資金がなんと即日で手元に入り、困難な状況を乗り越えることができました。 また何かあった際は利用させていただきたいです。

    引用:QuQuMo「ご契約事例」

    QuQuMoがおすすめの理由は以下のとおりです。

    QuQuMoがおすすめの理由
    • 手数料が1%〜で圧倒的な安さ
    • 入金スピードが2時間で迅速性を追求
    • 必要書類が2点で少ない
    • 来店不要でオンライン完結が可能

    QuQuMoでは、「手数料の安さ」「入金スピードの早さ」「必要書類の少なさ」の総合力で業界最高水準を誇っているといえます。

    高評価な口コミに加え、ファクタリングサービスの質の高さを求める方はQuQuMoの利用を検討しましょう。

    手数料2%〜
    入金スピード最短24時間
    買取限度額30万円〜1億円
    ファクタリングの種類2社間/3社間
    必要書類の種類請求書
    本人確認書類
    通帳のコピー
    ※契約では納税証明書、印鑑証明書、登記簿謄本も必要

    おすすめ第4位は、平均買取率の高さと利用事例の豊富さが強みの業者であるベストファクターです。

    ベストファクターは法人・個人を対象として2社間・3社間ファクタリングを行っており、以下のように多数の利用事例があります。

    ・システム開発会社が2社間・3社間ファクタリングの併用で1,000万円の資金調達
    ・ケアハウス運営会社が介護報酬債権ファクタリングで110万円を早期資金化
    ・歯科クリニックが診療報酬債権ファクタリングで400万円を現金化
    ・塗装業者が2社間ファクタリングで元請に知られずに60万円を早期資金調達

    引用:ストファクター「ファクタリングの利用事例」

    ベストファクターがおすすめの理由は以下のとおりです。

    ベストファクターがおすすめの理由
    • 売掛債権の平均買取率が92.2%と高い
    • 利用事例が豊富で口コミも良好
    • 入金スピードが最短24時間で早い
    • オンライン審査が可能

    ベストファクターは幅広い業種の方が利用した実績があり、平均買取率の高さから審査通過率の高いファクタリング会社だと解釈できます。

    入金スピードと審査通過率の高さを重視したい場合は、ベストファクターの利用を検討しましょう。

    5位:ペイトナーファクタリング

    手数料10%
    入金スピード最短10分
    買取限度額初回:1万円〜25万円
    2回目以降:1万円〜100万円
    ファクタリングの種類2社間
    必要書類の種類請求書
    通帳のコピー
    本人確認書類(初回利用時のみ)

    おすすめ第5位は、「請求書をいますぐ現金化」できるペイトナーファクタリングです。

    ペイトナーファクタリングは法人・個人を対象に2社間ファクタリングを行っており、2019年に設立され既に累計申請件数が10万件を突破しています。

    ペイトナーファクタリングがおすすめの理由は以下のとおりです。

    ペイトナーファクタリングがおすすめの理由
    • 入金スピードが最短10分で業界トップクラス
    • 累計申請件数が多く人気がある
    • 1万円という少額から買い取りしてくれて個人事業主も利用しやすい
    • 必要書類が少なくオンライン完結も可能

    ペイトナーファクタリングでは2回目以降の利用で買取限度額が拡充され、必要書類も少なくなり利用しやすくなるという特徴もあります。

    業界トップクラスの入金スピードを体験して請求書をいますぐ現金化したい方は、ペイトナーファクタリングの利用がおすすめです。

    6位:PayToday

    手数料1〜9.5%
    入金スピード最短30分
    買取限度額10万円〜上限なし
    ファクタリングの種類2社間
    必要書類の種類請求書
    本人確認書類
    入出金明細
    決算書

    おすすめ第6位は、今話題のAIファクタリングサービスを提供しているPayTodayです。

    PayTodayは法人・個人を対象として2社間ファクタリングを行っており、累計申込額が100億円を突破した実績があります。

    PayTodayがおすすめの理由は以下のとおりです。

    PayTodayがおすすめの理由
    • AI審査により最短30分のスピード入金
    • 2021年にサービスを本格開始して累計申込額100億円を突破した人気サービス
    • 手数料が1〜9.5%で安い
    • 買取額が10万円から利用できて使いやすい

    PayTodayはファクタリングの品質・効率性・実績を兼ね備えたファクタリング会社といえます。

    画期的なAIファクタリングサービスによるスピード入金を体験したい方は、PayTodayの利用を検討しましょう。

    7位:フリーナンス即日払い

    手数料3〜10%
    入金スピード最短即日
    買取限度額1万円〜上限額なし
    ファクタリングの種類2社間
    必要書類の種類請求書
    本人確認書類

    おすすめ第7位は、高品質なファクタリングサービスとフリーランスへの補償サポートが強みのフリーナンス即日払いです。

    フリーナンス即日払いは法人・個人を対象に2社間ファクタリングサービスを提供しており、以下のようにフリーランスから絶大な支持を得ています。

    ITコンサルタント(フリーランス歴 2年)

    独立当時はクライアントの支払いサイトをきちんと理解できておらず、資金繰りに困ってしまったこともありましたが、そんなときには「即日払い」を利用しました。金融機関からの借入等とは異なり、フリーランスであることやキャリアの短さで利用が制限されることもありませんし、報酬を支払い日よりも早く現金化できる、そんな画期的な資金調達方法があったんだと驚いています。

    ITエンジニア(フリーランス歴 3年)
    クライアントから案件のディレクションを任されることが多く、そういった場合はデザインやイラストなどをフリーランス仲間に振り分けて依頼しているのですが、クライアントから報酬が入る前に彼らへの支払いを済まさなければならないケースがあります。そんなときは、支払いサイクルよりも早く現金を用意できる「即日払い」を利用して、手元の資金を減らすことを防いでいます。

    引用:フリーナンス即日払い「利用者の声」

    フリーナンス即日払いがおすすめの理由は以下のとおりです。

    フリーナンス即日払いがおすすめの理由
    • 大手のGMOインターネットグループが運営
    • 初回利用で手数料50%をキャッシュバック
    • 買取額が1万円からでフリーランスも利用しやすい
    • 必要書類で通帳のコピーが不要

    フリーナンス即日払いは買取額の手軽さ・必要書類の少なさ・キャッシュバックから、とにかくフリーランスが使いやすい業者といえます。

    フリーランスで資金繰りに困っている場合、フリーナンス即日払いの利用を真っ先に検討しましょう。

    8位:OLTAクラウドファクタリング

    手数料2〜9%
    入金スピード最短即日
    買取限度額制限なし
    ファクタリングの種類2社間
    必要書類の種類請求書
    入出金明細
    決算書一式(昨年度分)
    本人確認書類

    おすすめ第8位は、十分な取引実績とAI審査が強みのOLTAクラウドファクタリングです。

    OLTAクラウドファクタリングは法人・個人を対象に2社間ファクタリングを行っており、累計事業者数1万社・累計申込金額1,000億円の実績があります。

    OLTAクラウドファクタリングがおすすめの理由は以下のとおりです。

    OLTAクラウドファクタリングがおすすめの理由
    • 取引実績が豊富
    • AI審査により入金スピードが早い
    • オンライン完結で手数料が安い
    • 買取限度額に制限がな

    OLTAクラウドファクタリングは取引実績とファクタリングの品質の観点でバランスの良いファクタリング会社といえます。

    AI審査でスムーズに資金調達したい方は、OLTAクラウドファクタリングの利用を検討しましょう。

    9位:labol

    手数料10%
    入金スピード最短60分
    買取限度額1万円〜必要な額
    ファクタリングの種類2社間
    必要書類の種類請求書
    本人確認書類
    取引を示すエビデンス(取引先とのメールなど)

    おすすめ第9位は、個人事業主向けで少額から買取可能な業者であるlabolです。

    labolは個人のみを対象として2社間ファクタリングサービスを提供しており、Google口コミがレビュー件数609件で4.6点と高評価を記録しています。

    labolがおすすめの理由は以下のとおりです。

    labolがおすすめの理由
    • 一部上場企業である株式会社セレスの100%子会社
    • 入金スピードが最短60分と早い
    • 買取額が1万円以上で個人事業主も利用しやすい
    • オンライン完結かつ必要書類が少なめ

    labolでは業種・職種を問わず売掛債権を幅広く買い取っており、他サービスで断られた方でも利用できます。

    フリーランス・個人事業主でスピーディに売掛債権を迅速に売却したい場合、labolの利用を検討しましょう。

    10位:No.1

    手数料1〜15%
    入金スピード最短即日
    買取限度額50万円〜5,000万円
    ファクタリングの種類2社間/3社間
    必要書類の種類請求書
    発注書・納品書
    通帳のコピー
    決算書

    おすすめ第10位は、他社からの乗り換え満足度がほぼ100%の業者であるNo.1です。

    No.1は法人・個人を対象に2社間・3社間ファクタリングを提供しており、以下の実績を誇ります。

    ・即日対応実績No.1
    ・他社からの乗り換え実績No.1
    ・リピート率No.1

    No.1がおすすめの理由は以下のとおりです。

    No.1がおすすめの理由
    • ファクタリングの種類が豊富
    • 他社からの乗り換えに特化
    • 手数料1%〜が業界トップクラスの安さ

    No.1のファクタリングには以下の種類があり、希望に応じて利用できます。

    ・乗り換え特化ファクタリングサービス
    ・個人事業主特化ファクタリングサービス
    ・フリーランス特化ファクタリングサービス
    ・オンライン特化ファクタリングサービス
    ・建設業特化型ファクタリングサービス

    他社からの乗り換えを検討している方や手数料の安さに魅力を感じる方はNo.1の利用を検討しましょう。

    11位:アクセルファクター

    手数料2%〜
    入金スピード最短1時間
    買取限度額30万円〜上限なし
    ファクタリングの種類2社間/3社間
    必要書類の種類売掛債権の書類
    通帳のコピー
    確定申告書
    本人確認書類

    おすすめ第11位は、入金スピードが早く審査通過率も高い業者であるアクセルファクターです。

    アクセルファクターは法人・個人を対象に2社間・3社間ファクタリングを行っており、関東財務局長などから経営支援機関として認定を受けています。

    アクセルファクターがおすすめの理由は以下のとおりです。

    アクセルファクターがおすすめの理由
    • ファクタリングの認定支援機関
    • 審査通過率が93%と高い
    • 入金スピードが最短1時間で早い
    • 早期申込割引あり

    アクセルファクターでは業界初のサービスとして、早期申込割引(申込日〜入金希望日が30日以上だと1%割引・60日以上だと2%割引)を受けられます。

    ファクタリングの認定支援機関で安心かつスムーズに審査を通過したい方は、アクセルファクターの利用を検討しましょう。

    12位:みずほファクター

    手数料非公開
    入金スピード最短1週間
    買取限度額包括保証:合計5,000万円以上
    個別保証:1社200万円以上
    下請け債権保全事業:制限なし
    ファクタリングの種類3社間
    必要書類の種類非公開

    おすすめ第12位は、銀行系ファクタリング会社という安心感があるみずほファクターです。

    みずほファクターは法人のみを対象とした3社間ファクタリングを行っています。

    みずほファクターがおすすめの理由は以下のとおりです。

    ずほファクターがおすすめの理由
    • 銀行系ファクタリング会社のため安心感がある
    • 売掛債権の買取額が大きい
    • 利用できるサービスが豊富

    みずほファクターでは次の3つのサービスを利用できます。

    ・国内ファクタリング(回収保証)
    ・国際ファクタリング
    ・電子債権決済サービス

    安心してファクタリングを利用したい場合、銀行系ファクタリング会社であるみずほファクターの利用を検討しましょう。

    13位:MSFJ

    手数料1.8%〜
    入金スピード最短1時間
    買取限度額10万円〜5,000万円
    ファクタリングの種類2社間/3社間
    必要書類の種類請求書
    本人確認書類
    通帳のコピー
    発注書(法人または乗り換えの場合)

    おすすめ第13位は、利用できるファクタリングサービスが豊富な業者であるMSFJです。

    MSFJは法人・個人を対象に2社間・3社間ファクタリングを提供しており、用途に応じて以下の充実したファクタリングサービスを利用できます。

    利用できるファクタリングサービス手数料必要書類
    個人事業主専門ファクタリング3.8〜9.8%請求書
    本人確認書類
    通帳のコピー
    フリーランス専門ファクタリング3%〜
    法人専門ファクタリング1.8〜9.8%請求書
    本人確認書類
    通帳のコピー
    発注書
    乗り換え専門ファクタリング

    MSFJがおすすめの理由は以下のとおりです。

    MSFJがおすすめの理由
    • 利用可能なファクタリングが豊富で乗り換えにも対応
    • 入金スピードが1時間で業界トップクラス
    • 必要書類が少なめ

    MSFJを名乗った悪質な業者がいるとの情報があるため、十分に注意してください。
    MSFJでは個人向けの「給料ファクタリング」は行っていません。

    豊富なファクタリングサービスを利用したい方やファクタリングの乗り換えを検討している場合、MSFJの利用を検討しましょう。

    14位:アーリーペイメント

    手数料1〜10%
    ※初回2〜10%
    入金スピード最短2営業日
    買取限度額50万円〜数億円
    ファクタリングの種類2社間
    必要書類の種類発注・請求書
    決算書など

    おすすめ第14位は、売掛債権を数億円まで買取可能な業者であるアーリーペイメントです。

    アーリーペイメントは法人のみを対象として2社間ファクタリングを行っており、以下のような活用事例があります。

    ・広告代理企業が4,500万円を早期資金化し、前払いの広告費にあてる資金を捻出
    ・内装施工企業がファクタリングで1,500万円を資金調達し、複数の大規模案件の受注の際も資金繰りが安定

    引用:アーリーペイメント「ご活用事例」

    アーリーペイメントがおすすめの理由は以下のとおりです。

    アーリーペイメントがおすすめの理由
    • 東証プライム上場のマネーフォワードグループ企業
    • 手数料1%〜は業界最高水準の安さ
    • 数億円の売掛債権を買取可能
    • オンライン完結できる

    アーリーペイメントの手数料は初回利用で2〜10%ですが、2回目以降からは1〜10%に安くなります。

    法人で多額の売掛債権を低手数料で売却したい場合、アーリーペイメントの利用を検討しましょう。

    即日入金可能なおすすめファクタリング業者一覧

    即日入金可能なおすすめファクタリング業者一覧は以下のとおりです。

    最近ではオンライン完結ファクタリングやAI審査の導入などにより、即日入金可能なファクタリング業者が増えています。

    ただし、く入金を受けるためのコツとして、次の内容を押さえておく必要があるのでぜひ覚えておいてください。

    ・売掛先の合意が不要な2社間ファクタリングを選択する。
    ・必要書類は事前に準備しておく。
    ・必要書類は期限内に確実に提出する。
    ・信頼性の高い売掛債権を使用する。
    ・午前中に申し込みを行う。

    これらの内容を押さえておくことで、即日入金される確率が高まります。

    即日入金可能なファクタリング業者を利用し、資金繰りを早期に解決しましょう。

    個人事業主・フリーランス向けのおすすめファクタリング業者一覧

    個人事業主・フリーランス向けのおすすめファクタリング業者一覧は以下のとおりです。

    スクロールできます
    サービス名手数料入金スピード審査時間必要書類ファクタリングの種類
    ビートレーディング2%〜最短即日最短2時間売掛債権の書類
    通帳のコピー
    2社間/3社間
    日本中小企業金融サポート機構1.5〜10%最短即日最短30分売掛債権の書類
    通帳のコピー
    2社間/3社間
    QuQuMo1%〜最短2時間最短30分請求書
    通帳のコピー
    2社間
    ベストファクター2%〜最短24時間最短24時間請求書
    本人確認書類
    通帳のコピー
    2社間/3社間
    ペイトナーファクタリング10%最短10分最短10分請求書
    通帳のコピー
    本人確認書類
    2社間
    PayToday1〜9.5%最短30分最短30分請求書
    本人確認書類
    入出金明細
    決算書
    2社間
    フリーナンス即日払い3〜10%最短即日最短30分請求書
    本人確認書類
    2社間
    OLTAクラウドファクタリング2〜9%原則即日最短24時間請求書
    入出金明細
    決算書一式
    本人確認書類
    2社間
    labol10%最短60分最短60分請求書
    本人確認書類
    取引エビデンス
    2社間
    No.11〜15%最短即日最短即日請求書
    発注書・納品書
    通帳のコピー
    決算書
    2社間/3社間
    アクセルファクター2%〜原則即日最短1時間売掛債権の書類
    通帳のコピー
    確定申告書
    本人確認書類
    2社間/3社間
    MSFJ1.8%〜最短1時間最短1時間請求書
    本人確認書類
    通帳のコピー
    2社間/3社間

    これらのファクタリング業者の中で個人事業主・フリーランスが特に使いやすい業者としては、次の3つが挙げられます。

    個人事業主・フリーランスが特に使いやすい業者

    これら3つの業者を選定した理由は、いずれの業者も買取額1万円から少額で利用できるためです。

    個人事業主・フリーランスの方はこれらの業者の特徴をぜひ押さえておきましょう。

    ファクタリング利用の実例

    法人・個人によるファクタリング利用の実例をそれぞれご紹介するので、ぜひご覧ください。

    法人の利用事例

    運送業を営んでいる法人のC社長が、株式会社No.1を利用して1,500万円の資金調達に成功した事例をご紹介します。

    【資金調達が必要になった経緯】

    今後数年間継続する見通しの大規模な配送依頼があり、人員の増強や車両の増車のための資金が必要になった。

    【ファクタリング利用の決め手】
    2社間ファクタリングにより取引先への通知なしで迅速な資金調達が可能。

    【調達金額】
    1,500万円

    【入金までの流れ】
    申し込み・契約をして資金調達に成功。比較的大型案件の契約だったため、手数料も安めの10%で済んだ。

    引用:株式会社No.1「ファクタリングご利用事例」
    個人の利用事例

    マンションやアパートなどの防水工事を営んでいる個人事業主のTさんが、ベストファクターを利用して200万円の資金調達に成功した事例をご紹介します。

    【資金調達が必要になった経緯】

    売掛による取引が多く施工が完了するまで入金されないため、従業員への給与支払いに困っていた。

    【ファクタリング利用の決め手】
    2社間ファクタリングの「即日入金」。

    【調達金額】
    200万円

    【入金までの流れ】
    申し込み・契約をして1〜2日で入金された。必要書類を事前に揃えていたため手続きがスムーズに行われた。

    引用:ベストファクター「ファクタリング利用後インタビュー「事例・防水施工業者(個人事業主)様」」

    これらの利用事例を把握することでファクタリングの流れがわかり、実際にファクタリングを利用する際に入金までのイメージができるようになります。

    ファクタリング会社を選ぶ時のポイント

    ファクタリング会社を選ぶ時のポイントは次の8つです。

    ファクタリング会社を選ぶ時のポイント8選
    • 入金スピード
    • 手数料
    • 審査時間
    • 信頼性
    • 必要書類
    • 審査通過率
    • 債権譲渡登記
    • オンライン対応

    ファクタリングでは悪徳業者が存在するため、悪徳業者に騙されて法外な手数料を取られないよう注意しなければなりません。

    上記のポイント8つを押さえておけば、怪しいファクタリング会社に関わるリスクを大幅に減らせます。

    入金スピード

    銀行融資などと比較して早期に資金調達できるファクタリングでは、入金スピードが命です。

    よって、ファクタリング会社を選ぶ際は、申し込みからどのくらいの早さで入金されるかが重要になります。

    ファクタリング会社の選定で入金スピードが重要な理由は次のとおりです。

    ファクタリング会社の選定で入金スピードが重要な理由
    • ファクタリングの利用を検討している法人・個人の方は資金繰りで困っていることが多い
    • 入金スピードが早いほど資金繰りを早期に解決できる
    • 利用者は手数料の負担より入金スピードの魅力が勝るからファクタリングを利用する

    入金スピードについてファクタリングと銀行融資を比較すると、以下のようになります。

    スクロールできます
    入金までの流れファクタリング(2社間)銀行融資(ビジネスローン)
    申し込み〜面談最短即日
    ※面談は基本的に不要
    7〜10日程度
    面談〜結果連絡(審査)3〜5日程度
    結果連絡〜契約最短即日7〜10日程度
    契約〜入金最短即日1週間程度
    トータル最短即日1ヶ月程度
    引用元:ベストファクター「銀行融資の審査に通らない理由とは?手続きの流れやポイントを解説」

    例えば、オンライン完結を採用していて最短即日で入金できるビートレーディングでは、以下の流れでファクタリングを利用可能です。

    STEP
    申し込み(無料見積)

    Webフォーム・電話・メール・LINEにて無料見積を行う

    STEP
    必要書類の提出

    書類提出から最短30分以内にビートレーディングから買取金額を提示。

    STEP
    契約

    利用者が買取金額に了承したら、ファクタリング契約を締結する。

    申し込みから契約までは最短2時間、入金までは最短即日で可能。

    ファクタリングの強みである入金スピードを最大限に活用するため、ファクタリング会社の選定では入金スピードが早い業者を選ぶのがポイントです。

    手数料

    ファクタリング会社を選ぶ際、手数料がどのくらいかかるかも重要といえます。

    なぜなら、ファクタリングを利用して早期に資金調達できても、手数料が高すぎると手元に残る資金が減って資金繰りを効率的に改善できないからです。

    ファクタリング手数料の相場は、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで以下のように異なります。

    ファクタリング手数料の相場
    • 2社間ファクタリング:8〜18%
    • 3社間ファクタリング:2〜9%

    本記事で紹介しているファクタリング会社は、いずれの業者も手数料の相場以内で利用可能です。

    2社間ファクタリングでは売掛先が登場しないため、売掛債権の書類の信頼性が低めのリスクを手数料として上乗せしていると理解しておきましょう。

    また、ファクタリングでは手数料以外にも以下の費用がかかることがあるので、注意してください。

    ファクタリングの手数料以外で発生する可能性がある費用
    • 事務手数料:数千円〜数万円
    • 出張費用:数千円〜数万円
    • 債権譲渡登記費用:1万円前後。司法書士にお願いする場合は数万円〜10万円
    • 印紙代契約金額が1万円未満は非課税、契約金額が1万円以上は200円
    • 込手数料:数百円

    債権譲渡登記とは、法人による債権の譲渡を登記することで公的に認めてもらう方法のことです。

    これらの費用はファクタリングの手数料に含まれていることもあり、業者によって違いが見られます。

    例えば

    オンライン完結のQuQuMoでは手数料1%〜でファクタリングを利用可能で、事務手数料・出張費用・債権譲渡登記費用のいずれも不要です。

    手数料は安いに越したことはないため、ファクタリング会社の選定では最重要項目の一つとして検討しましょう。

    ファクタリングの手数料について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

    審査時間

    ファクタリング会社を選定する際は、審査時間の早さも重要といえます。

    なぜなら、審査時間が早いと入金までの時間も早くなるからです。

    本記事でご紹介した最短即日で入金可能な以下のファクタリング業者12社の審査時間を平均すると、審査時間は6.6時間と計算できます。

    最短即日で入金できるファクタリング業者12社の具体的な審査時間は以下のとおりです。

    スクロールできます
    サービス名審査時間ファクタリングの種類
    ペイトナーファクタリング最短10分2社間
    本中小企業金融サポート機構短30分2社間/3社間
    QuQuMo最短30分2社間
    PayToday最短30分2社間
    フリーナンス即日払い最短30分2社間
    labol短60分2社間
    アクセルファクター最短1時間2社間/3社間
    MSFJ最短1時間2社間/3社間
    ビートレーディング最短2時間2社間/3社間
    ベストファクター最短24時間2社間/3社間
    OLTAクラウドファクタリング最短24時間2社間
    No.1最短即日2社間/3社間

    2社間ファクタリングに特化している業者は、売掛先が登場しないこともあり審査時間は短めの傾向があります。

    ファクタリングの審査時間を短くする方法は次のとおりです。

    ファクタリングの審査時間を短くする方法
    • 審査時間が短いファクタリング会社を選ぶ
    • 必要書類が少ない業者を選択する
    • AI審査を取り入れているファクタリング会社を探す
    • 2社間ファクタリングを利用する
    • 必要書類を事前に準備する
    • 信頼性の高い売掛債権の書類を選ぶ

    審査時間の短いファクタリング会社を選定し、スムーズな資金調達を行いましょう。

    信頼性

    ァクタリング会社を選ぶ時は、業者に信頼性があるか確認する必要があります。

    その理由は、信頼性や実績がない業者は悪徳業者である可能性もあり、ファクタリングを利用して後悔するリスクがあるからです。

    ファクタリング会社の信頼性は以下の方法で確認できます。

    ファクタリング会社の信頼性を確認する方法
    • 公式サイトの情報が正確でわかりやすいか
    • 過去に取引実績や買取実績が十分にあるか
    • 利用者の口コミが良好か
    • 信頼できるファクタリングサイトでおすすめとして登場しているか
    • 手数料が相場の範囲を超えていないか

    なお、以下に該当する場合は信頼性は皆無で、悪徳業者である可能性が高いので注意してください。

    ・業者の所在地が不明
    ・契約書の内容が曖昧
    ・保証人の設定が必要
    ・業者の口座情報が個人名
    ・対面対応が不可

    悪徳業者はファクタリング利用者とトラブルになった際、あえて契約書の内容を曖昧にしたり対面対応を不可にしたりすることで証拠を残さないようにしています。

    また、ファクタリングは売掛債権の売却契約で金銭の借入ではないため、保証人の設定を求められることはありません。

    上記の内容を参考に、信頼性のあるファクタリング会社を選定しましょう。

    ファクタリングの違法について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

    必要書類

    ファクタリングでは、必要書類の少なさが業者選定の際の重要な指標になります。

    なぜなら、必要書類が少ないと書類を準備する手間や審査時間を簡略化でき、スピーディな資金調達に繋がるからです。

    ファクタリング利用時に提出を求められる可能性がある必要書類を以下の表でまとめました。

    スクロールできます
    法人/個人必要書類の種類
    法人/個人共通申込書
    売掛債権の書類(請求書、契約書、発注書など)
    試算表
    通帳のコピー
    本人確認書類
    印鑑証明書
    法人決算書
    商業登記簿謄本
    個人開業届の控え
    確定申告書の控え
    納税証明書

    必要書類の数や種類はファクタリング会社によって異なるので、注意してください。

    必要書類が少ないファクタリング会社でも、最低2点の書類(売掛債権の書類に加えて本人確認書類か通帳のコピー)の提出を求められます。

    必要書類が2〜3点で少ないファクタリング会社は以下のとおりです。

    スクロールできます
    サービス名必要書類の数必要書類の種類
    ビートレーディング2点売掛債権の書類
    通帳のコピー
    日本中小企業金融サポート機構2点売掛債権の書類
    通帳のコピー
    QuQuMo2点請求書
    通帳のコピー
    フリーナンス即日払い2点請求書
    本人確認書類
    ベストファクター3点請求書
    本人確認書類
    通帳のコピー
    ペイトナーファクタリング3点請求書
    通帳のコピー
    本人確認書類
    labol3点請求書
    本人確認書類
    取引エビデンス
    MSFJ3点請求書
    本人確認書類
    通帳のコピー

    必要書類が少ないファクタリング会社を選び、最小限の労力でファクタリングを利用しましょう。

    ファクタリングの必要書類について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

    審査通過率

    優良なファクタリング会社を選んで迅速に資金調達したい場合、ファクタリング会社の審査通過率に着目する必要があります。

    なぜなら、審査通過率が低いと売掛債権の現金化ができず、ファクタリングを利用して資金繰りを解決できないからです。

    ファクタリング会社の審査通過率は、「売掛債権の信頼性(売掛先の信用力)」の影響を大きく受けることを押さえておきましょう。

    例えば、支払いが過去に滞ったことがある取引先の売掛債権の場合、売掛先の信用力が低いと判断されて審査通過率も下がる可能性が高いので注意してください。

    また、以下のコツを押さえておくと審査を通過しやすくなります。

    ファクタリングの審査を通過するコツ4選
    • 審査通過率が高い業者を利用する
    • 不良債権でないか確認する
    • 信頼性が高い必要書類を準備する
    • 3社間ファクタリングを選ぶ

    3社間ファクタリングでは、売掛先が登場することで売掛債権の信頼性が担保されるため、2社間ファクタリングに比べて審査が通りやすい傾向があります。

    ファクタリング会社の選定では、各業者の審査通過率を事前に確認するようにしましょう。

    債権譲渡登記

    債権譲渡登記とは、譲渡した債権を登記することで公的に認めてもらう手続きのことです。

    例えば、ファクタリング契約の際に債権譲渡登記を行うと、債権を譲渡されたファクタリング会社は自身が債権者であることを第3者に対して主張できます。

    債権譲渡登記の特徴は以下のとおりです。

    ・債権譲渡登記により債権の二重譲渡を防止できる。
    ・債権譲渡登記ができるのは法人のみで個人事業主は不可。
    ・債権譲渡登記には1万円前後の費用が必要。
     ※司法書士にお願いする場合は数万円〜10万円。
    ・債権譲渡登記が必要となる可能性があるのは2社間ファクタリング。
     ※3社間ファクタリングでは売掛先が登場するため、原則として債権譲渡登記は不要。
    ・2社間ファクタリングの場合、債権譲渡登記により売掛先に知られる可能性がある。

    ファクタリング会社によっては、債権譲渡登記が不要な業者もあります。
    また、個人事業主が利用できるファクタリング会社もあるので、安心してください。

    債権譲渡登記の流れは次の2ステップです。

    STEP
    債権譲渡契約の締結

    ファクタリングの利用にあたり、利用者とファクタリング会社で債権譲渡契約を締結する。

    STEP
    債権譲渡登記

    2社間ファクタリングの場合、債権譲渡契約を行ったら必要に応じて債権譲渡登記を行う。
    ※3社間ファクタリングでは債権譲渡登記は原則として不要で、売掛先に債権譲渡を行った旨の承諾をもらう。

    ファクタリング利用者の立場では債権譲渡登記が必要だと費用や手間が増えるため、可能な範囲で債権譲渡登記が不要な業者を選びましょう。

    オンライン対応

    ファクタリング会社を選定する際は、オンラインに対応しているか事前に確認することをおすすめします。

    オンライン完結ファクタリングは対面面談のための移動の手間などがなく、入金スピードや手数料の観点でメリットが大きいからです。

    オンライン完結ファクタリングには、以下の4つのメリットがあります。

    ・入金スピードが最短即日と早い
    ・審査スピードも早い
    ・手続きの手間が少ない
    ・平日以外でも利用可能

    オンライン完結ファクタリングは、迅速な資金調達を行いたい方や手続きをスムーズに済ませたい方に向いているサービスです。

    一方、オンライン完結ファクタリングのデメリットとしては次の3つが挙げられます。

    ・コミュニケーションがスムーズにとれない場合がある
    ・対面審査と比較して柔軟性が少ない
    ・3社間ファクタリングが利用できない可能性がある

    ファクタリングを慎重に利用したい方や対面審査を希望する方は、オンライン以外も対応しているファクタリングサービスを利用するのがおすすめです。

    オンライン完結ファクタリングのメリット・デメリットを理解し、希望や状況に合わせてファクタリング会社の選定を行いましょう。

    ファクタリングのメリット

    ファクタリングのメリットは次の4つです。

    ・売り上げをすぐに現金化できる
    ・返済負担のない資金調達ができる
    ・2社間ファクタリングなら売掛先に知られない
    ・貸借対照表に影響がない

    ファクタリングのメリットを把握できると、ファクタリングが自分に向いているかやどのような状況で利用すべきかがわかります。

    以下でそれぞれのメリットについて順番に見ていきましょう。

    売り上げをすぐに現金化できる

    ファクタリングの最大のメリットは、売り上げをすぐに現金化できることです。

    売り上げをすぐに現金化できると、資金繰りを早期に解決して事業を安定化できるという利点があります。

    本記事でご紹介したおすすめファクタリング業者14選について、現金化のスピードが早い順に以下の表でまとめました。

    スクロールできます
    ファクタリング会社現金化のスピードファクタリングの種類
    ペイトナーファクタリング短10分2社間
    PayToday最短30分2社間
    labol最短60分2社間
    MSFJ最短1時間2社間/3社間
    QuQuMo最短2時間2社間
    ベストファクター最短24時間2社間/3社間
    ビートレーディング最短即日2社間/3社間
    日本中小企業金融サポート機構最短即日2社間/3社間
    フリーナンス即日払い最短即日2社間
    OLTAクラウドファクタリング原則即日2社間
    No.1最短即日2社間/3社間
    アクセルファクター原則即日2社間/3社間
    みずほファクター最短1週間2社間/3社間
    アーリーペイメント最短2営業日2社間

    このように、14社中12社で最短即日の入金が可能で、売掛先が登場しない2社間ファクタリングに特化した業者は現金化のスピードが特に早いといえます。

    また、現金化するまでに1ヶ月程度かかる銀行融資と比較すると、ファクタリングの現金化のスピードは圧倒的に早いです。

    最近ではオンライン対応やAI審査の導入により、現金化のスピードはいっそう早くなっている傾向があります。

    資金繰りで困っている場合には、スピーディな現金化が可能なファクタリングをぜひ活用しましょう。

    返済負担のない資金調達ができる

    ファクタリングでは、銀行融資と違って返済負担のない資金調達ができるのもメリットです。

    具体的には、ファクタリングと銀行融資では以下のような違いがあります。

    スクロールできます
    項 目ファクタリング銀行融資
    資金調達方法売掛債権の売却借入
    返済負担なしあり
    保証人不要必要
    現金化のスピード最短即日数週間〜1ヶ月
    審査時間数十分〜数時間数日〜数週間
    必要書類本人確認書類
    売掛債権の書類
    本人確認書類
    印鑑証明書
    確定申告書
    事業関連書類
    申し込み・審査・契約オンラインなど窓口・電話・対面
    手数料の相場(年利)24〜216%1〜15%
    引用元:ビートレーディング「銀行借入金利の相場は1%〜15%!計算方法と低金利で借入れるコツ」

    ファクタリングでは返済負担がないことに加え、必要書類が少なく手続きもオンラインで簡便のため現金化のスピードが最短即日と早いのがメリットです。

    一方、ファクタリング手数料の相場は2〜18%(月利と解釈)であり、銀行融資との比較のため12倍して年利換算すると24〜216%になります。

    よって、ファクタリングは迅速な資金調達ができるものの、銀行融資と比較して手数料が高いのがデメリットです。

    借入や返済負担なしで資金調達したい場合は、ファクタリングの利用を検討しましょう。

    2社間ファクタリングなら売掛先に知られない

    2社間ファクタリングは売掛先にファクタリングを利用したことを知られないですむのがメリットです。

    売掛債権の譲渡に関して2社間ファクタリングでは売掛先の承諾が不要のため、利用者はファクタリングによる売掛先との関係悪化の懸念がありません。

    売掛先にファクタリングの事実を知られると「資金繰りに困っている」と判断され、今後の取引が中止となるリスクがあります。
    このような理由から、売掛先にはファクタリング利用の件を知られたくないと考える利用者も多いです。

    2社間・3社間ファクタリングで具体的にどのような違いがあるのかについて、以下の表でまとめました。

    スクロールできます
    2社間ファクタリング3社間ファクタリング
    売掛先の登場有無登場しない登場する
    売掛先の承認不要(売掛先に知られない)必要
    現金化のスピード早め遅め
    手数料高め(8〜18%)低め(2〜9%)
    売掛債権の未回収リスク高め低め
    売掛債権の代金支払い利用者→ファクタリング会社売掛先→ファクタリング会社

    2社間ファクタリングは売掛先に知られずにスピーディな資金調達が可能です。

    ただし、2社間ファクタリングでは売掛先が登場しないことから売掛債権未回収のリスクが高めのため、手数料が高いというデメリットがあります。

    売掛先にファクタリングの利用を知られたくない場合は、2社間ファクタリングを利用しましょう。

    貸借対照表に影響がない

    ファクタリングでは、貸借対照表に影響がないのもメリットといえます。

    貸借対照表(バランスシート)とは、会社の財政状態(資産・負債・純資産)を表した資料をいいます。

    ファクタリングが貸借対照表に影響がない理由は以下のとおりです。

    ファクタリングが貸借対照表に影響がない理由
    • ファクタリングは売掛債権の売却であって銀行融資のような借入ではない。
    • ファクタリングは借入ではないため、ファクタリングを利用しても貸借対照表の負債は増加しない。

    貸借対照表では、借入について負債の欄に記載する運用です。
    ファクタリングは売掛債権の売却のため、利用者の売掛金(資産)が減少して現金預金(資産)が増加します。
    ※その他、ファクタリングの手数料も計上する必要があるので注意してください。

    よって、ファクタリングを利用しても貸借対照表に影響がないことから、ファクタリングを利用した上で銀行融資の審査をしても不利にはなりません。

    ファクタリングを利用する際は慎重になりすぎず、上手に活用しましょう。

    ファクタリングのデメリット

    ファクタリングのデメリットは次の3つです。

    ・手数料がかかる
    ・3社間ファクタリングは売掛先の承認が必須
    ・悪徳業者も存在する

    ファクタリングのデメリットを知っておくと、ファクタリングが自分に適しているか慎重に判断できます。

    以下でそれぞれのデメリットについて順番に見ていきましょう。

    手数料がかかる

    ファクタリングでは、銀行融資と比較して高めの手数料がかかるのがデメリットです。

    ファクタリング手数料の相場は、2社間ファクタリングで8〜18%・3社間ファクタリングで2〜9%となっています。

    3社間ファクタリングでは売掛先の登場によりファクタリングの売掛債権の代金未回収リスクが小さいため、2社間ファクタリングに比べて手数料は低めです。

    本記事でご紹介したおすすめファクタリング会社の手数料について、手数料が低い順にまとめました。

    スクロールできます
    ファクタリング会社手数料ファクタリングの種類
    QuQuMo1%〜2社間
    PayToday1〜9.5%2社間
    アーリーペイメント1〜10%2社間
    No.11〜15%2社間/3社間
    日本中小企業金融サポート機構1.5〜10%2社間/3社間
    MSFJ1.8%〜2社間/3社間
    ビートレーディング2%〜2社間/3社間
    ベストファクター2%〜2社間/3社間
    アクセルファクター2%〜2社間/3社間
    OLTAクラウドファクタリング2〜9%2社間
    labol10%2社間
    ペイトナーファクタリング10%2社間
    フリーナンス即日払い3〜10%2社間

    上位3社は手数料の相場が高めの2社間ファクタリングに特化しているにも関わらず、手数料が1%〜と低いです。

    例えば、300万円の売掛債権を手数料1%・10%でそれぞれ売却する場合、実際の費用は前者が3万円・後者が30万円と大きく異なります。

    ファクタリングでは、手数料以外に以下の費用をとられることがあるので注意してください。
    ・事務手数料:数千円〜数万円
    ・出張費用:数千円〜数万円
    ・債権譲渡登記費用:1万円前後。司法書士にお願いする場合は数万円〜10万円
    ・印紙代:契約金額が1万円未満は非課税、契約金額が1万円以上は200円
    ・振込手数料:数百円

    ファクタリングでは手数料がかかることを念頭に置き、手数料が1%でも安いファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

    ファクタリングの手数料について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

    3社間ファクタリングは売掛先の承認が必須

    3社間ファクタリングでは売掛先の承認が必須なのは、ファクタリングのデメリットの一つです。

    3社間ファクタリングの特徴を2社間ファクタリングと比較して以下の表で整理しました。

    スクロールできます
    3社間ファクタリング2社間ファクタリング
    登場人物利用者
    ファクタリング会社
    売掛先
    利用者
    ファクタリング会社
    売掛先の承認必須(売掛先に知られる)不要(売掛先にバレない)
    現金化のスピード遅め早め
    手数料低め(2〜9%)高め(8〜18%)
    売掛債権の未回収リスク低め
    売掛債権の代金支払い売掛先→ファクタリング会社利用者→ファクタリング会社

    3社間ファクタリングは、利用者・ファクタリング会社・売掛先の3社契約です。

    そのため、3社間ファクタリングでは売掛債権の売却(譲渡)について売掛先の承認が必須になります。

    売掛先の承認手続きにより現金化のスピードが遅めなのが3社間ファクタリングのデメリットですが、一方で手数料は2社間ファクタリングより安めです。

    このような3社間ファクタリングのメリット・デメリットを理解した上でファクタリングを利用しましょう。

    悪徳業者も存在する

    ファクタリングでは悪徳業者が存在するのもデメリットの一つです。

    「給与ファクタリング」などと称した偽装ファクタリングを行った悪徳業者も存在するため、悪徳業者の特徴を把握した上で十分に注意してください。

    悪徳業者の特徴は以下のとおりです。

    悪徳業者の特徴6選
    • 会社の実態が不明
    • 会社の公式サイトが存在しない
    • 契約書の内容が曖昧
    • 手数料が相場の範囲を上回る
    • 保証人が必要
    • 分割払いを推奨してくる

    悪徳業者の特徴のうち最初の3つに該当する場合、ファクタリングに関わらずサービスとして問題外のため契約はすぐに中止してください。

    ファクタリングの手数料が相場の範囲を超えている業者も要注意です。

    手数料1%〜で利用できるファクタリング会社も複数あるので、手数料が相場の範囲を超えている時点で利用は控えた方が無難といえます。

    また、ファクタリングは売掛債権の売却であり借入ではないため、保証人は不要で分割払いすることもありえません。


    当サイトでは実績や信頼性のある業者のみを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

    悪徳業者の特徴を把握し、優良なファクタリング会社を選定できるようになりましょう。

    怪しい悪徳業者とのトラブル回避策

    ファクタリングでは、怪しい悪徳業者とのトラブルを回避する必要があります。

    なぜなら、悪徳業者とトラブルになると法外な手数料を要求されたりトラブル対応で時間を割かざるを得なかったりと、消耗することになるからです。

    例えば、悪徳業者とのトラブル事例として以下のようなケースが考えられます。

    悪徳業者とのトラブル事例
    • ファクタリングを装って売掛金を担保としたお金の貸付を実施
    • 給与ファクタリングと称して給与を担保としてお金の貸付を実施
    • 手数料の相場を上回る法外な手数料を要求
    • 債権未回収のリスクを利用者に負わせる
    • 利用者に法外な手数料を支払わせ、買取額を入金しないで悪徳業者が失踪

    このような悪徳業者とのトラブルに巻き込まれないようにするため、トラブル回避策を事前に知っておくことが重要です。

    具体的には、次の2つのトラブル回避策により怪しい悪徳業者と距離を置くことができます。

    ・ファクタリングの仕組みを理解する
    ・必ず相見積もりをとる

    それぞれのトラブル回避策の詳細について、以下で順番に解説します。

    ファクタリングの仕組みを理解する

    ファクタリングの仕組み

    悪徳業者とのトラブルを回避するため、ファクタリングの仕組みについて知っておくことが重要です。

    ファクタリングとは売掛債権の譲渡契約で、売掛金の回収期日前にファクタリング会社が利用者に資金を支払う仕組みになっています。

    ファクタリングの仕組みを理解するにあたり、2社間・3社間ファクタリングにおける登場人物の役割と関係性について知っておきましょう。

    2社間ファクタリングにおける登場人物の役割と関係性は以下のとおりです。

    スクロールできます
    登場人物(2社)登場人物の役割登場人物の関係性
    利用者(あなた)売掛債権をファクタリング会社に売却
    期日前に資金受け取り
    ファクタリング会社に代金支払い
    ファクタリング会社とは契約関係
    ファクタリング会社売掛債権を利用者から買い取り
    利用者に買取額を振り込み
    利用者とは契約関係

    2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社の2社契約で、売掛先にファクタリングの利用を知られることはありません。

    また、売掛先が登場しないため、売掛債権の入金後の資金は利用者からファクタリング会社に支払われます。

    3社間ファクタリングにおける登場人物の役割と関係性は以下のとおりです。

    スクロールできます
    登場人物(3社)登場人物の役割登場人物の関係性
    利用者(あなた)売掛債権をファクタリング会社に売却
    期日前に資金受け取り
    ファクタリング会社に代金支払い
    売掛先への債権譲渡通知
    ファクタリング会社とは契約関係
    売掛先とは取引関係
    ファクタリング会社売掛債権を利用者から買い取り
    利用者に買取額を振り込み
    利用者とは契約関係
    売掛先とも契約関係
    売掛先債権譲渡通知の承諾
    ファクタリング会社に直接代金支払い
    利用者とは取引関係
    ファクタリング会社とは契約関係

    3社間ファクタリングは利用者・ファクタリング会社・売掛先の3社契約で、売掛先への通知・承認が必要になります。

    また、売掛先が登場するため、売掛債権の入金後の資金は売掛先からファクタリング会社に直接支払う仕組みです。

    ファクタリングの仕組みを理解するにあたり、2社間・3社間ファクタリングにおける登場人物の役割と関係性を確実に押さえておきましょう。

    ファクタリングの仕組みについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

    ファクタリングの意味について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

    必ず相見積もりをとる

    怪しい悪徳業者とのトラブル回避策として、必ず相見積もりをとるようにしましょう。

    ファクタリングで必ず相見積もりをとるべき背景・理由は以下のとおりです。

    ファクタリングで必ず相見積もりとるべき背景・理由
    • ファクタリングでは売掛債権の額面から手数料を差し引かれた金額が入金される
    • ファクタリングを利用する際は申し込み時に見積もりをとって判断する
    • 実際に見積もりをとると想定より資金調達金額が少ないケースもある
    • 複数のファクタリング会社で相見積もりをとると資金調達金額を比較可能
    • 相見積もりによる料金の比較に加えてその他条件も考慮して利用する業者を選べる

    相見積もりをとることで複数の業者での資金調達金額を比較でき、法外な手数料をとる悪徳業者であれば一発で見分けられます。

    相見積もりは悪徳業者の回避や資金調達金額を最大化する観点で有効なため、ぜひ実践しましょう。

    ファクタリングのおすすめに関するよくある質問

    ファクタリングのおすすめに関するよくある質問は以下の5つです。

    ファクタリングのおすすめに関するよくある質問
    • ファクタリングで即日対応している業者は?
    • ファクタリングはやばい?
    • ファクタリングの大手業者はどこですか?
    • 個人事業主のファクタリング審査は甘いですか?
    • 2社間ファクタリングのおすすめ業者は?

    ファクタリングのおすすめに関するよくある質問をまとめたので、ぜひご覧ください。

    以下でそれぞれの質問について順番に解説します。

    ファクタリングで即日対応している業者は?

    本記事でご紹介したおすすめのファクタリング会社のうち、即日対応(即日入金)している業者は14社中12社あります。

    即日対応可能なおすすめファクタリング業者12社と入金スピードは以下のとおりです。

    スクロールできます
    ファクタリング会社入金スピードファクタリングの種類
    ペイトナーファクタリング短10分2社間
    PayToday最短30分2社間
    labol最短60分2社間
    MSFJ最短1時間2社間/3社間
    QuQuMo最短2時間2社間
    ベストファクター最短24時間2社間/3社間
    ビートレーディング最短即日2社間/3社間
    日本中小企業金融サポート機構最短即日2社間/3社間
    フリーナンス即日払い最短即日2社間
    OLTAクラウドファクタリング原則即日2社間
    No.1最短即日2社間/3社間
    アクセルファクター原則即日2社間/3社間

    即日対応しているファクタリング業者を利用し、スピーディな資金調達を行いましょう。

    ファクタリングはやばい?

    ファクタリングはやばくありません。

    なぜなら、ファクタリングは法令に基づく正当な取引で、資金繰りで困っている時などにスピーディな資金調達ができる有効な方法だからです。

    ただし、以下のように「ファクタリングはやばい」と言われる理由についてはぜひ知っておきましょう。

    ファクタリングがやばいと言われる理由
    • 悪徳業者が存在する
    • 銀行融資などと比較して手数料が高い
    • ファクタリング業が法的に規制されていない

    ファクタリングでは給与ファクタリングなどと称して違法な貸付を行う悪徳業者が存在します。

    悪徳業者には以下のような特徴があるので、ぜひ見分けられるようにしてください。

    • 会社の実態が不明
    • 公式サイトが存在しない
    • 契約書の内容が曖昧
    • 保証人の設定が必要
    • 分割払いを推奨

    また、ファクタリング手数料の相場を年利換算して銀行融資などと比較すると、以下のようにファクタリングの手数料は高いことがわかります。

    スクロールできます
    資金調達方法手数料の相場(年利)
    2社間ファクタリング96〜216%
    3社間ファクタリング24〜108%
    銀行融資(ビジネスローン)1〜15%
    銀行融資(事業融資)1〜4%
    消費者金融4〜18%
    クレジットカードのキャッシング15〜18%
    引用元:ビートレーディング「銀行借入金利の相場は1%〜15%!計算方法と低金利で借入れるコツ」
    三井住友銀行「キャッシングの金利はいくらかかる?計算方法やカードローンとの違いを解説」

    その他、ファクタリング業が法的に規制されていないのもファクタリングがやばいと言われる理由の一つです。

    ファクタリングは民法に基づく正当な取引ですが、ファクタリング業は登録や免許などの許認可が必要ありません。
    また、ファクタリングは法的な規制を受けないため、手数料はファクタリング会社が自由に設定できる運用になっています。

    ファクタリングには現金化が早い・返金リスクがないというメリットもあるので、ファクタリングは本当にやばいのか自身で判断できることが重要です

    ファクタリングはやばいと言われる理由について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

    ファクタリングの大手業者はどこですか?

    ファクタリングの大手業者3社について、取引実績とあわせて以下の表でまとめました。

    スクロールできます
    ファクタリングの大手業者取引実績
    ビートレーディング取引実績5.8万社以上
    累計買取額1,300億円
    買取実績3万円~7億円
    日本中小企業金融サポート機構取引社数8,130社
    支援総額201億円
    買取実績3万円~2億円
    OLTAクラウドファクタリング累計事業者数1万社
    累計申込金額1,000億円

    上記のように、ファクタリングの大手業者は取引実績や累計買取額が圧倒的に多い傾向があります。

    ファクタリング会社の信頼性を重視したい方は、大手業者の利用を検討しましょう。

    個人事業主のファクタリング審査は甘いですか?

    個人事業主のファクタリング審査は甘くありません。

    理由は以下のとおりです。

    個人事業主のファクタリング審査が甘くない理由
    • 売掛債権の買取りを行うファクタリング業者は法人・個人に限らず売掛債権未回収リスクを負う
    • 法人・個人の違いではなく「対象の売掛債権に信頼性があるか」がファクタリングでは重要
    • ファクタリングの審査では売掛債権を買い取って業者のリスクが大きすぎないか確認している

    よって、ファクタリングでは売掛債権の信頼性を担保できているかが重要で、個人事業主だからといって審査を緩めるわけにはいかないことがわかります。

    法人・個人ともに信頼性の高い請求書などを準備してファクタリングに望みましょう。

    ファクタリングの審査が緩いことについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

    2社間ファクタリングのおすすめ業者は?

    2社間ファクタリングのおすすめ業者トップ3は以下のとおりです。

    スクロールできます
    順位サービス名手数料入金スピード必要書類の数ファクタリングの種類法人/個人
    1位ビートレーディング2%〜最短即日2つ2社間/3社間法人/個人
    2位日本中小企業金融サポート機構1.5〜10%最短即日2つ2社間/3社間法人/個人
    3位QuQuMo1%〜最短2時間2つ2社間法人/個人

    これら3社は手数料・入金スピード・必要書類の観点でいずれも高品質なファクタリングサービスを提供しています。

    ファクタリング会社の信頼性や取引実績を重要視する場合は、ビートレーディングか日本中小企業金融サポート機構がおすすめです。

    ただし、取引実績はやや劣るものの、2社間ファクタリング特化で手数料の安さと入金スピードをより重視したい場合はQuQuMoの利用を検討しましょう。

    売掛先に知られない2社ファクタリングの優良業者を利用し、最短即日の資金調達をぜひ体験してください。

    【まとめ】ファクタリング業者のおすすめNo.1はビートレーディング!

    この記事では、ファクタリングのおすすめ業者14選を徹底比較しました。

    これらのファクタリング業者14社の中で総合的におすすめなのは、圧倒的な取引実績と高品質なサービスを提供しているビートレーディングです。

    ファクタリング会社を利用する際は、入金スピードの早さや手数料の安さを考慮して総合的に判断する必要があります。

    本記事で紹介した「ファクタリング会社を選ぶ時のポイント」などを把握し、自分に適したファクタリング業者で後悔のないファクタリングを行いましょう!