MENU

モンスター社員がいる会社の末路は? 対面した時の対処法についても解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

モンスター社員の存在は職場でのストレスや士気低下を招き、一般社員にとって困難な状況です。

本記事では、モンスター社員から受ける被害に直面した一般社員の視点から、対面時の対処法や心のケア方法を解説します。

モンスター社員との共同作業やコミュニケーションにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

モンスター社員が理由で退職がなかなか言い出せない…という方は退職代行サービスを利用してみることをおすすめします。

\退職代行サービスのおすすめTOP3/

スクロールできます
退職代行のおすすめTOP3料金退職成功率24時間対応特徴
26,000円過去実績100%退職や転職に関する書類テンプレートが豊富
29,800円過去実績100%東京労働経済組合が運営
27,000円過去実績100%料金は退職後に後払いでOK
目次

モンスター社員とはどんな社員?

モンスター社員とは

モンスター社員は、他の社員や組織にとって問題を引き起こす可能性がある特定の社員のことを指します。

彼らはしばしばパワハラ行為を行ったり、自己中心的な行動をとったりする傾向があります。

さらに、彼らは業務遂行に必要な基本的な能力に欠けていることも多いです。

彼らの存在は職場の雰囲気を悪化させ、他の社員の士気を下げることにつながります。モンスター社員の特徴について具体的に解説します。

モンスター社員の特徴

特徴

モンスター社員は、職場で問題を引き起こす特定の行動や傾向を持つ社員のことを指します。

パワハラや自己中心的な行動、業務能力の欠如などがその特徴です。

この章では、モンスター社員の具体的な行動や傾向を詳しく解説し、その対処法について考えます。

パワハラを繰り返す

パワハラを繰り返すモンスター社員は、自分の立場を悪用して他の社員をいじめたり、無理な要求をしたりする傾向があります。

また、心理的・身体的な負担を与えるだけでなく、被害者の仕事へのモチベーションや生産性にも悪影響を及ぼす劣悪な存在です。

自分の主張を押し通そうとする

自己主張が強いタイプの社員は、自分の意見を他人に強制し、自分が正しいと強く主張する傾向が強いです。

このようなタイプの社員は自己能力を過大評価している印象があります。

他のメンバーの声を聴かず、自分の主張を押し通すことで意思決定にも影響を及ぼすことがあるため、組織内での円滑なコミュニケーションが取りずらいです。

被害妄想が激しく周りにストレスを与える

被害妄想

被害妄想が激しく、何事も自分が責められているような気になってしまう社員は存在します。

自分が他人から不当に扱われているなどと被害妄想が深刻な場合、他の社員に対してストレスを与えるこだけでなく、卑屈な態度から周囲を攻撃してしまうなどの問題も起こしかねません

このような社員は職場の雰囲気を悪化させる可能性があり、円滑なコミュニケーションや協力関係を築くことが困難になってしまいます。

何に対しても反抗的

反抗心が強い社員は、業務指示や変更に対して反抗的な態度をとりがちです。

上司に限らず同僚の意見にも耳を傾けない傾向があり、意思に反した勝手な行動を取ることで周囲に迷惑をかけ、組織の生産性を低下させることもあります。

彼らの反抗的な態度は他の社員にも影響を与え、職場の雰囲気を悪化させる可能性が高いです。

また、組織全体の目標達成を阻害するため、適切な対処策が求められます。

病欠や欠勤を繰り返す

病欠や欠勤を繰り返す社員は、無断欠勤や遅刻も多い傾向があります。

頻繁に連絡なしで休みを取ることがあり、仕事に対して怠慢な態度やさぼり癖などが見受けられます。

このような社員の行動は、チームの生産性やスケジュールに悪影響を及ぼす可能性が高いです。

また、欠勤や怠慢な仕事ぶりによって他のメンバーや組織全体に負担がかかることがあります。

仕事の能力不足

能力不足

仕事の能力不足を抱える社員には、問題を改善する傾向が見られないケースがあります。

個人差はあるものの、同じミスを繰り返したり、指摘や改善の意見に耳を傾けなかったりする傾向が強いです。

ただし、これらの特徴からすぐにモンスター社員と断定することはできません。

ただ単に能力が低いという人もいますが、就業時間中に仕事をさぼっていたり、遅刻が多かったりと怠慢な行動が目立つような人はモンスター社員の可能性が高いです。

逆パワハラをする

逆パワハラをする社員は、管理職や上司に対して不適切な行動や言動をとる傾向があります。

パワハラで訴えるなどの威嚇を行うこともあり、このような行動は組織全体のモチベーションを低下させる可能性が高いです。

その矛先は管理職や上司に限らず、自分に向くケースもあるので、組織内で自分が安全な環境を作っておくことが重要です。

モンスター社員が生まれてしまう原因

原因

モンスター社員が生まれる原因はさまざまであり、個人的な問題や職場の環境要因、組織文化の影響などが関与しています。

特に以下のようなことが起因となる可能性が高いです。

  • 職場環境との不一致
  • 人事配置や評価制度が不適切
  • マネジメント層の教育不足

この章では原因について具体的に解説します。

職場環境との不一致

職場環境と個々の社員の価値観や能力が一致しない場合、モンスター社員が生まれる可能性があります。

例えば、協調性が求められるチームに、1人で仕事を進めるのが得意な人が配置されると、その人は周囲と衝突する可能性があります。

会社としての期待や環境が、本人の価値観や仕事の能力と一致しないと、ストレスや不満を引き起こし、問題行動や対立を生む原因になりかねません。

人事配置や評価制度が不適切

人事評価

人事配置や評価制度が不適切な場合、モンスター社員が生まれる可能性があります。

能力に見合わない高い目標を設定されたり、成果を上げても適切に評価されないと、社員は不満を感じ、モンスター化してしまうことがあります。

これによりストレスが蓄積され、周囲に対して悪影響を与える可能性があります。

公平で適切な人事配置や評価制度を確立されていて、社員の能力と成果を適切に評価する会社であるのが望ましいです。

就職・転職する際は評価制度にも注意してみておきましょう。

マネジメント層の教育不足

マネジメント層の教育不足は、モンスター社員を生み出す可能性を高めます。

管理職が適切なマネジメント教育を受けていないと、問題行動を見逃したり、適切に対処できない可能性が高いです。

また、そもそも管理職自体がモンスター化した社員に対する適切な対処方法を知らないことが多いため解決に至らないケースが多くなっています

「結果として、モンスター社員が増加してしまう」という悪循環が生まれてしまうのです。

モンスター社員を野放しにする末路

野放しは厳禁

モンスター社員の行動を放置すると、組織に深刻な悪影響が及ぶ可能性があります。

他の社員の士気低下やチームワークの悪化、生産性の低下などが起こります。

また、モンスター社員の問題行動が訴訟や人事トラブルに発展することもあるため放置することは得策ではありません

この章では「モンスター社員を野放しにする末路」について詳しく解説します。

生産性が低下する

モンスター社員の存在は組織の生産性に深刻な影響を与えます。

コミュニケーションに問題があったり、横柄な態度をとったり、仕事を怠ったりするとチームとしてのモチベーションが低下し、全体の生産性が低下します

また、モンスター社員の行動によってタスクの遅延やミスが生じ、自分につけが回ってくる可能性も高いです。

離職率が高くなる

モンスター社員が存在する環境では、離職率の増加が懸念されます。彼らの行動によって他の社員のストレスが増し、職場環境が悪化していきます。

時にはハラスメントに発展することもあり、結果として、モンスター社員の影響を受けた社員が離職する傾向が高まります

自分ももしモンスター社員に対峙した場合や、そのような傾向がみられる職場環境なのであれば、思い切って転職するのも手です。

成長の機会を損失する

モンスター社員の存在により、成長機会が損なわれる可能性があります。

彼らの行動がチームの協力関係を阻害して生産性が低下を招き、結果として周囲の社員のモチベーションも低下させます。

新たなアイデアや取り組みが抑制されることにもなるので、組織全体として成長機会を逃す結果になりかねません。

さらに、モンスター社員の存在により自分が挑戦できた仕事ができなかったり、モンスター社員の分を自分が背負うことで、スキルを習得する機会が奪われることも懸念されます。

モンスター社員はどのように対処すべき?

自分がモンスター社員と対峙したときは、上司に相談し、配置を変えてもらったり、直接フィードバックを対応をしてもらうようしましょう。

会社としてモンスター社員に対処するためには、明確なフィードバックやコミュニケーションを通じて問題行動を改善するよう促すことが重要です。

個別の目標や行動計画を共有し、支援や指導を行ったり、上司や人事部門が関与して必要な研修やコーチングの提供を検討したりすることが効果的と言えます。

モンスター社員に対して具体的な対策がされないような職場なのであれば、転職することを視野に入れてください。

転職が推奨される状況

モンスター社員がいることで転職が推奨される状況としては、モンスター行動により仕事のストレスが限界に達し、職場環境が悪化し続けている場合はすぐに行動に移したほうがいいと言えるでしょう。

また、モンスター社員を放置してしまう組織文化や価値観の不一致があり、自身の信念に合致する組織を探す場合にも転職活動を行い、自身に合った職場を見つける必要があります。

モンスター社員に対する対処がなされていない会社は、様々な場面において対処や判断を先延ばしにしてしまう傾向があるため、遅かれ早かれ転職せざるを得ない状況になってしまう可能性が高いです。

働きやすい会社を探している場合には「ホワイト企業の特徴は? 求人情報から見分ける方法についても解説」にて詳しく解説しているので参考にしてみてください。

モンスター社員を理由に自分から退職を言い出せない方におすすめの退職代行サービス

モンスター社員が原因で精神的に仕事を続けることが厳しい…でもそれを理由に退職を言い出しづらい…という方には退職代行サービスを利用してみましょう。

以下では数ある退職代行サービスの中でもおすすめのものを紹介します。

今すぐにでも退職したいと考えている人は参考にしてください

スクロールできます
退職代行のおすすめTOP3料金退職成功率24時間対応特徴
26,000円過去実績100%退職や転職に関する書類テンプレートが豊富
29,800円過去実績100%東京労働経済組合が運営
27,000円過去実績100%料金は退職後に後払いでOK

退職代行jobs

運営株式会社アレス
料金26,000円
24時間対応
支払い方法クレジットカード / コンビニ決済 / 現金翌月払い(paidy)/ 銀行振り込み
公式サイトhttps://jobs1.jp/
退職代行jobsの特徴
  • 弁護士監修の退職代行サービス
  • 翌月支払いにも対応
  • 転職サポートも受けられる

退職代行Jobsは顧問弁護士監修のサービスで、法律を遵守した適正業務を行なっている会社です。

そのため、退職代行の違法性を問われて退職が無効になるといった心配は無用であると同時に、退職が完全に成立するまで期間無制限でフォローを受けられます。

さらに退職後の転職活動フォローも無料で行なっているため、再就職先や生活が不安な人にも適しています。

関連記事 辞めるんです 評判

退職代行ガーディアン

運営東京労働経済組合
料金29,800円
24時間対応
支払い方法クレジットカード/ 銀行振り込み
公式サイトhttps://taisyokudaiko.jp/
退職代行ガーディアンの特徴
  • 労働組合が運営している退職代行
  • 有休消化や退職時期調整などの交渉も可能
  • 追加料金なしで相談可能

退職代行ガーディアンは労働組合が運営しているもので、これまで多数のメディアに掲載された実績のあるサービスです。

退職にあたっての有休や退職金の交渉は法律で厳しく決められていますが、退職代行ガーディアンは合同労働組合として代理人としての交渉が認められた団体です。

労働組合が運営しているため、低費用・低リスクで退職が可能となります。

安心できる団体に低価格で確実に依頼したいと考えている人におすすめです。

関連記事 退職代行ガーディアン 評判

辞めるんです

運営LENIS Entertainment株式会社
料金27,000円
24時間対応
支払い方法クレジットカード/ 銀行振り込み
公式サイトhttps://yamerundesu.com/
辞めるんですの特徴
  • 後払い対応可能
  • 電話、メール、LINE相談可能
  • 即日対応してもらえる安心感

「辞めるんです」の退職代行は追加費用なし、審査なしの後払いも可能である点がメリットです。

後払い可能な退職代行サービスもありますが、支払い能力の有無など審査がある場合がほとんどです。

しかし「辞めるんです」は審査なしで誰でも後払いで受け付けてもらえるため、再就職後に支払うことも可能といえます。

料金は一律27,000円、追加料金はありません。

料金内で退職連絡の代行のみならず有休消化交渉や未払い賃金交渉も可能です。

一律料金でしっかり最後までサポートして欲しい人におすすめのサービスといえます。

関連記事 辞めるんです 評判

モンスター社員を辞めさせることはできる?

モンスター社員を辞めさせることは、一見簡単な解決策のように思えますが、実際には非常に難しいということが現状です。

労働法の制約や証拠の確保の難しさなど、さまざまな要因が関与しており労働法には解雇の要件や手続きがあり、十分な根拠がない場合は解雇が難しい場合もあります。

また、モンスター社員が逆上して訴えを起こすリスクもあるため、慎重な対応が求められるでしょう。

組織は法的規定を遵守しながら、適切な手続きや対話を通じて問題を解決する努力をする必要があります。

モンスター社員に関するまとめ

  • モンスター社員は組織全体に悪影響を及ぼす
  • 反抗的な社員は組織の生産性を低下させる
  • 能力不足の社員は改善行動が見られない
  • 逆パワハラなどで会社に威嚇行動をとる

モンスター社員は組織において深刻な悪影響をもたらします。

彼らは反抗的な態度や無視、他の意見を無視する行動は組織の生産性を低下させるだけでなく、能力不足の社員は改善の意思がなく、仕事の遅さや頻発したミスを招くでしょう。

さらに、逆パワハラや威嚇行動をとることで、組織全体のモチベーションの低下に繋がります。

モンスター社員を辞めさせることは困難で、自身の努力でどうにもならない場合においては転職をを視野に入れて行動してみてください。

この記事をみんなにシェア
  • URLをコピーしました!
目次