MENU

辞めたほうがいい職場ランキング 実際に「退職・転職」を行った方の口コミも紹介しながら見切りをつけるべき会社をチェック

当ページのリンクには広告が含まれています。
辞めたほうがいい職場ランキング
  • URLをコピーしました!

働いている人の中でも「現状の職場に不満を抱いている」「辞めようかどうか悩んでいる」といった方も多いかと思われます。

この記事では「辞めたほうがいい職場」ランキングを紹介していきます。

当サイトでは「転職・退職」経験がある方に向けて独自のアンケート調査を実施しました。

辞めたほうがいい職場ランキングとともに、「退職・転職」を行った方の口コミを紹介しているので、もし自分が当てはまるような職場で働いてたら転職や退職を検討しましょう。

また、当サイトでは「転職サイトのおすすめのランキング」もまとめているので、ぜひあわせて参考にしてみてください。

アンケート情報

スクロールできます
調査方法クラウドワークスによるネットアンケート調査
調査対象転職・退職経験のある方を対象
調査人数合計338人
調査期間2023年2月
実際に行ったアンケートの調査内容の一部
目次

辞めたほうがいい職場ランキング

ここではアンケートや口コミの結果を踏まえながら、辞めたほうがいい職場ランキングを下記で掲載していきます。

ランキング上位の項目があなたの職場に当てはまる場合は、退職を検討すべきかもしれません。

上記は実際に「退職・転職」経験がある方を対象に「退職・転職を行った理由」を集計したものです。

また、以下では実際の経験をもとに「こんな職場は早く辞めたほうがいいと思う理由」に関する口コミを合わせて紹介していきます。

1位:人間関係が悪い(セクハラ・パワハラなども含む)

先輩が口だけキツく、何もしない。だから全部仕事が回ってくる。残業当たり前の職場はやめた方がいいと思います。

女性 23歳

パワハラ体質の会社はすぐにやめた方が良いです。精神的に鬱になりやすいです。

男性 58歳

辞めたほうがいい職場ランキング第1位は「人間関係が悪い」です。

直接的な暴言はもちろん、無視や陰口、嫌な仕事ばかりさせるなど陰湿な嫌がらせが起きている職場も実際少なくありません。

自分に対してでなくとも、暴言が聞こえるような雰囲気の悪い職場は仕事のパフォーマンスも下がるというデータもあります。

逆に人間関係が良ければメンタルを壊すこともなく、多少仕事が忙しくなっても協力して対応できます。

2位:給与面が悪い

給料が安いにも関わらず、ダブルワークを禁止している職場

男性 35歳

昇給が全くなくボーナスも支払われない会社

女性 54歳

賃金が全く上がらない会社は迷う事無く辞めたほうが良いです、賃金が全く上がらない会社で働いていても仕事に対してのモチベーションは上がりませんし他に賃金の良い仕事は比較的たくさんあるので悩む事無く転職したほうが自身の人生にとってプラスになります。

男性 41歳

次にやめた方がいい職場は「給与面が悪い」です。

給与は自分の仕事に対しての対価であり、仕事と能力が正しく評価されない職場を続けてもずっと不安が付き添います。

将来性もないので、自分の能力と仕事に対する対価をしっかりと出してくれる、昇給の見込みもある会社に転職しましょう。

逆にどんなに大変な仕事でも、給与が高ければ快適な住まいや家族・趣味に使えるお金が確保でき、心の余裕、安定に繋がります。

3位:労働時間・休日などの条件があわない

毎日1時間以上の残業がある職場は、残業があることが当たり前の感覚になっているので早くやめた方が良いです(実体験:毎日平均2~3時間の残業)

女性 30歳

ライフワークバランスが極端に偏るような労働を強いられる職場は肉体的にも精神的にも疲弊するため辞めたほうがよい。

女性 29歳

「労働時間・休日などの条件があわない」職場も転職を考えるべきです。

年間休日日数は企業によって様々で、同じ給料で8~18時30分定時の会社もあれば、9~17時定時の会社もあります。

好きな事を生業にできることは理想ですが、プライベートのために仕事をしている方が殆どのはずです。

もしやりがいもなくつらい仕事のためにプライベートの時間を作れていないなら、しっかりと自分の時間を作るために転職を考えましょう

4位:会社の将来性がない(社員の入れ替わりが激しい・若手がすぐやめる)

人が続かない会社。新しい社員が入っても一年以内で人が辞めていく会社は早く辞めたほうがいい

男性 43歳

管理職が忙しすぎて倒れそうになっている職場(若手が昇進したいという希望が見いだせない)

女性 28歳

人の入れ替わりが激しい。

女性 33歳

離職率が高いということは社員の満足度が低いということで、それが改善しないのはあなたのように忍耐力のある人が無理して勤務してくれているからかもしれません。

その会社で中堅になると若手への教育がありますが、若手がすぐやめる会社ではせっかく業務を教えた新人がすぐ辞めて時間が大きく無駄になってしまうということが発生します。

そもそも、入れ替わりが激しいルーティンになっているということは会社そのものが上手く回っていない可能性があり、将来性についても不安になってきます。

無理を続けても使いつぶされるだけなので、他のランキングの項目にも当てはまる部分があり離職率が高いなら、あなたも従業員を大切にしない会社を支えずに辞めた方が賢明かもしれません。

5位:仕事に対する評価がされない

業績が良くても従業員に還元されない。評価の基準が曖昧。

女性 54歳

仕事への評価が得られない職場、ワークライフバランスの取れない職場

女性 37歳

「成果や実績が評価されない」というのも、転職を考えるには十分な理由です。

会社に貢献して出した成果によって職位等級が与えられ昇給が考慮される職場もあれば、個々の能力は見られずただ平坦に搾取される職場もあります。

あなたが周囲より努力して成果を出しているのに、それが評価されず不満を感じているなら、成果によって報酬の向上が見込める仕事に転職するのがおすすめです。

実際に「やめたほうがいい職場」を退職したことによるメリット

実際に「やめたほうがいい職場」を退職したことによるメリットを紹介します。

悪い環境の職場を退職することによって様々な恩恵があり、逆に無理して「やめたほうがいい職場」に残っていてはこれらのメリットは受けられません。

こちらも転職・退職経験のある方に向けて「転職・退職して良かったことは?」というアンケート結果をもとに詳しく解説していきます。

もし、自分の意思で退職することを伝えられなく苦しい思いをしているのであれば、退職代行サービスを利用してみることをおすすめします。

ストレスから開放される・精神的に楽になる

上司や先輩と気軽に会話ができる職場で仕事のストレスが全く無くなった。

男性 26歳

ストレスで、眠れない・食事もできない状態だったが、睡眠も食事も摂れるようになった。

女性 47歳

まず不満や我慢している事がある会社からそれがない会社に転職できれば、ストレスから解放され、精神的に楽になります。

我慢し続けたことによるうつ病や適応障害など、メンタルヘルスの不調による休職は大きな社会問題となっています。

うつ病は環境のせいで誰でもなる可能性がある病なので、ストレス要因からすぐにでも遠ざかり精神的な安定と心の平穏を手に入れましょう。

自分のやりたい仕事をできるようになった

人間関係や自分の体力・能力に見切りをつけて自分の本当にやりたいことを選べたこと。

女性 40歳

心が健康になりました。人間関係のストレスがなくなり、自分のやりたいことをやって生活している今とっても楽しいです。

女性 31歳

大学卒業までに自己分析ができず、なんとなく近場や給与から会社を選んだ方も多いかと思います。

職種や企業は星の数ほどあるので、自分にあったやりがいのある仕事がきっと見つかります。

単純な話ですが、やりたい仕事を楽しんでできれば幸せで、やりたくもない仕事をすることは苦痛なので、生涯続けたいと思える仕事が見つかるまで転職するというのは何も悪いことではありません。

転職をして給与が上がった

前職は固定残業代制で、その分を引けば転職後の会社の方が給料が良い。

男性 22歳

現在の会社に転職したことで、給料面が大幅に改善されました。貯金などもできるようになり将来への安心感が変わりました。

男性 26歳

高い能力を持っているのに評価もされずただ成果を経営者に搾取される会社もあれば、社員に還元してくれる会社もあります。

特にスキルを持っている方は転職をして給与が上がるパターンも多いので、自分の能力から検索できる求人サイトや転職エージェントで求人を眺めてみることをおすすめします。

「辞めたほうがいい職場」を退職する際には準備をしてからやめるのがおすすめ

この記事のランキング内容が自分に当てはまり、転職を考えた方もいるかと思いますが、すぐに退職することは難しいのが現実です。

まず就業規則で1か月前に退職の申請を義務としている会社が殆どなので、円満に退職する上で必要な事を確認して計画的に退職手続きを済ませましょう。

退職する理由を考える・退職届を出す

しっかりと退職する理由を考えて、事前に明確に上司に伝えるとスムーズに退職をすることができます。

もし高圧的な上司で退職を伝えたことでされる反応が怖いといった場合は、退職代行などを利用するのもおすすめです。

費用はかかるもののメンタルを守る事ができるので、精神的な疲弊が理由の場合はこれ以上気を病まないために退職代行を利用することは何も悪いことではありません。

自分の仕事を引き継いでくれる人を探す

仕事を辞める際に自分が行っていた業務をしっかりと引き継げる環境作りをしてからやめる事も必要です。

「自分の代わりがいないから」と無理して続けることも間違いですが、引き継ぐべき人がいるのに引継ぎをしないのは新たなトラブルにも繋がるので、社会人としての責任を考えて円満に退職をすることが理想です。

退職をしたら転職エージェントなどに登録をする

退職する際にまだ転職先が決まってない方は転職エージェントなどを利用するとスムーズに転職活動に移れます。

退職後は当然無職の期間ができ、長ければその期間について聞かれることもあるので、より良い職場を探して意欲的に求職活動に取り組みましょう。

どうしても辞めるのが難しい場合は退職代行を利用するのがおすすめ

すぐにでも仕事をやめたいけど、自分の意思を通して退職を伝えるのは勇気がいる、退職を伝える際に何を言われるか分からなくて怖いといった方には退職代行サービスを利用するのも一つの手です。

様々な退職代行サービスが存在しますが、各サービスによって特徴が若干異なるため、それぞれのサービスを具体的に紹介していきます。

スクロールできます
退職代行のおすすめTOP3料金退職成功率24時間対応特徴
26,000円過去実績100%退職や転職に関する書類テンプレートが豊富
29,800円過去実績100%東京労働経済組合が運営
27,000円過去実績100%料金は退職後に後払いでOK

1位 退職代行jobs

運営株式会社アレス
料金26,000円
24時間対応
支払い方法クレジットカード / コンビニ決済 / 現金翌月払い(paidy)/ 銀行振り込み
公式サイトhttps://jobs1.jp/
退職代行jobsの特徴
  • 顧問弁護士が監修を行っている
  • 退職後のアフターケアもバッチリ
  • 事前にLINEや電話で気軽に相談可能

退職代行jobsは弁護士がしっかりと監修を行っている退職代行サービスです。

申込みを行うと、顧問弁護士が監修した退職届のテンプレートや業務引継ぎ書のテンプレートなどをもらうことができるため、スムーズに退職することが可能です。

また転職や給付金のサポートのあるため、退職後に転職プランをまだ考えていない方のケアも行っています。

提携している人材会社を利用して転職が決まれば最大3万円のお祝い金などももらえるのは「退職代行jobs」ならではの評判となっています。

LINEや電話で気軽に相談することができるので、退職代行サービスにまだピンときていない方はぜひ相談からしてみることをおすすめします。

関連記事 辞めるんです 評判

2位 退職代行ガーディアン

運営東京労働経済組合
料金29,800円
24時間対応
支払い方法クレジットカード/ 銀行振り込み
公式サイトhttps://taisyokudaiko.jp/
退職代行ガーディアンの特徴
  • 東京労働経済組合が運営
  • 追加料金は一切なし
  • 法適合の合同労働組合が行うためサービスによる違法性が一切ない

退職代行ガーディアンは東京労働経済組合が運営を行っている退職代行サービスです。

退職代行ガーディアンの特徴は法適合された合同労働組合が退職に関する手続きを行うため、違法性なく安心・安全に利用できるのが強みです。

即日退職も可能で、相談した当日から出社する必要はなく休日・深夜の時間帯でもできる限りサポートしてくれます。

とにかく信頼できる退職代行サービスが利用したい!という方は退職代行ガーディアンをおすすめします。

関連記事 退職代行ガーディアン 評判

3位 辞めるんです

運営LENIS Entertainment株式会社
料金27,000円
24時間対応
支払い方法クレジットカード/ 銀行振り込み
公式サイトhttps://yamerundesu.com/
辞めるんですの特徴
  • 料金支払いは退職してからでOK
  • 過去実績の退職成功率は100%
  • 24時間相談可能

辞めるんですは退職してからの後払いができるのが大きな評判に繋がっている退職代行サービスです。

悪質な退職代行サービスの中には、料金を支払った後に対応してくれないケースなどがあり不安ですが、「辞めるんです」の場合は退職してからの支払いになるため、安心してサービスを利用することができます。

また退職率100%と高い実績を持っており、即日退職可能や24時間対応可などサービス内容自体も信頼性が高いです。

LINEで無料相談を受けることもできるので、退職代行の利用を考えている方はチェックしてみてください。

関連記事 辞めるんです 評判

辞めたほうがいい職場のまとめ

  • 精神を病んでからでは遅いので、人間関係が良く休みも取れる会社で精神安定が望ましい
  • キャリア形成のためにも、離職率が低く能力が評価される職場が理想的
  • やりがいと給料どちらもが欠けることのないバランスが大切
  • スムーズで良い職場への転職には計画的な退職の準備と意欲的な求職活動が必須

不満のある会社で続けていてもメリットはないので、この記事の「辞めた方がいい職場」が当てはまる場合は、心身のためにも転職活動を考えてみてください。

理想の職場を見つけるには、転職をサポートしてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

この記事をみんなにシェア
  • URLをコピーしました!
目次